FC2ブログ

官能小説感想文

このブログは官能小説の感想を書くBLOGです。 一応18歳未満の方は見るのをご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

藤隆生 接客専用OL 恥辱の新人研修

さて、第12回 藤隆生 先生 「接客専用OL 恥辱の新人研修」です。

藤先生の最新作、出たばかりです。

目次

第1章 第三秘書課の謎
第2章 容赦なき性感テスト
第3章 緊縛の身体検査
第4章 陵辱に震える処女膜
第5章 アヌスを引き裂く怒張
第6章 悪魔の最終快楽研修

全255ページ。

ヒロインは三人。
先生の作品にしては多いです。
僕の知る限り、「麗獣 独占 二人の母と姉」以来かな?
どうなるかな?と思いましたが、中々・・・さすが安定の藤隆生先生。
マドンナメイトのストッパー、安定したディスェンス力です。

ヒロイン

夏希

残りの二人のヒロインを足して2で割ったような性格、体型。
Fカップの巨乳で、平均的身長。性格は攻撃的でも強気でもないが、大人しいわけはなく、芯はある。
大きめなお尻を気にしている・・・もっとコンプレックスを持っているのは、下半身の漆黒の繊毛が濃いこと。

麻里亜

美人で背が高く、ウェストも細く、スタイル抜群。しかし、気が強く目つきも鋭い。
反骨精神が強い。

美玖 
大人しく、低身長ながら元陸上部で素晴らしい身体能力。
我慢強く、努力することで目標を達成してきた女性。
大人しい性格と可愛らしい外見とは半比例して3人の中でもっとも
ムッチリしており、バストもHカップで最強ボディ。

ちなみに全員処女。

物語は夏希を基本視点としており、ブレません。
ここで変にアッチコッチの人に視点が変更されたり、変化すると3人の描写がメチャメチャになってしまうので、ここらへんはさすがです。

物語は新入社員として、みごと世界的に見ても大企業・リドナ商事に採用された3人。
しかし、3人が採用されたのは取引先の性的接待の業務のみ。
もちろん3人は拒否するが・・・いまさら大企業・リドナ商事を辞められない家庭的事情、私的事情があり・・・・・・。

ここからは、藤先生のお得意のエロゲームで絶頂しなければ、屈伏しなければ接待しなくてすむというものですが、ヒロインたちは全部負けます(笑)

まず、鉄棒のようなものに捕まり落ちたら、下はウナギ地獄。
全員落ち、あまりの恐怖にローターやバイブで責められと知っているが、全員リタイア。
それぞれ、下品な水着の上からローターや電マで責められる。
ここも趣向が凝らされていて、ウナギには耐えられなかった3人に再びチャンスが与えられます。
15分絶頂しなかったら、耐えられたらもう今日はしないと約束させられ、耳に簡易の脳波がわかる機械をつけさせられ、責められます
ここで明かされるのですが、3人は入社試験で心理テストを受けており、マゾの素質ありという判定を受けているのを知る。
3人は適当なことを言うな、あんな紙のテストには何の意味もないといいますが・・・。

ここからは、プレイを簡易で書きます。
男達集団にローター、電マを受け絶頂。
その後、他の社員の前で顔をゴム素材のマスクで隠し変態的なビキニで登場させられます。
大事な部分のみがギリギリ隠れている程度の水着・・・下の毛が剛毛の夏希やHカップの美玖などは下半身の毛が少しはみ出た状態や乳輪を男社員にちゃかされます。
さらに夏希の知り合い、高校時代から大嫌いなエリートの男社員がいることを発見します。
次の日からもまた調教。
それどれの個性が出る変態的な下着を着けさせられ、他社の社長や他の男性社員に挨拶。
3人とも、屈辱を感じているのは確かだが、それ以外の感情を感じ、入社した時に受けた心理テストでマゾとでた結果を気にする3人。
男達の視姦に濡れたことがばれた3人は初日でもっとも恐怖したウナギ風呂に入れられ、絶叫。
その後、3人は処女を賭けたゲームに参加。
捕まったら、処女をあげる鬼ごっこ。
そこでも全員つかまってしまい、処女喪失、その後もすぐに次々と違う男性達に入れられ、調教されていきます。
この頃にはもっとも反抗的だった麻里亜ですら、少しずつ強気なところは影を潜め、抵抗は口だけに・・・。
もっとも反抗的で、残りの2人を鼓舞していた麻里亜が大人しくなって、この状況を脱出するのを諦めると残りの二人も同時にテンションが下がっていく。
チームワークが良い分、一人が諦めると残りも引っ張られていきます。
この辺の心境変化などもエロい!!
そこそこ調教が進んだと判断した会社は、アナルのほうに手が伸びていく・・・。
ここで、美玖がアナルが性感帯ですぐにアナルへの責めに順応し・・・ついに脱落し、快感を叫び、堕ちていきます。
その姿を見て、一番気の強かった麻里亜も没落し・・・最後には夏希も・・・。

まぁ、こんな感じですラスト近くのアナル調教~ヒロイン没落まではかなり丁寧にねちっこく書かれており、さすが藤先生!!最後のほうはかなり興奮しました。
具体的には
長時間アナル調教。
アナル絶頂。
男性社員の前で全裸ダンス。
男性新入社員たちに代わる代わるアナルのみの連続SEX、連続絶頂。
機械で動く双頭大型ディルドでの強制絶頂・・・その後の焦らしでの麻里亜の没落、奴隷宣言。
そして、結局最後まで本当の意味で堕ちなかった夏希の心境・・・社員達の責めにオネダリはしなかった、耐えた・・・しかし、普通の生活に何の達成感、ヤリガイを感じなくなっていたことに愕然とする夏希。
そんな夏希の最後に選ぶ道は・・・。




さすが、藤隆生先生。安定した面白さ、エロさです。
シンプルなのに、エロい・・・藤マジックですね!!!
いつもと違い3人ヒロインなので、少し不安でしたが何の問題もなくオススメ出来ます。



巨乳
爆乳
トリプル調教
強気
アナル調教
電マ
ローター
連続絶頂
強制絶頂
葛藤
屈伏

↑の単語に反応するかたは要注目!!!


アマゾン


接待専用OL 恥辱の新人研修 (マドンナメイト文庫)
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
  1. 2012/11/14(水) 03:31:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北都凛 鬼畜学園

第11回 北都凛先生 「鬼畜学園」 です。

北都凛先生もベテラン先生で作品の数もかなりあります。
僕の持っている先生の本は9冊。
他にも出ているので、迷うと思います。
書かれるジャンル的には、純愛ものは基本的にはなく、陵辱系、屈服系、
調教系・・・素晴らしいですね(笑)
べたにヒロインの弱みを握るものや、ちょっと民俗学的なもの、ちょっとミステリアスなもの・・・。
内容は陵辱、調教と決まってますがストーリーの持って行き方や、材料は幅広く引き出しがある作家先生です。
何となくですが、個人的にエロゲーのシナリオライターの「シャア専用◎」さんに書き方が似ている気がするかな?

ヒロインは基本的に1人か2人。

ヒロインの性格は強気なものが多く逆にサブヒロインは大体気弱でナイスバディなことが多いです。

ヒロインのスタイルもスレンダーなタイプや豊満なタイプ・・・さまざまなスタイルのヒロインを書いてくださってます。

ヒロインの職業は女子高生や主婦、新妻、姉妹、合気道、水泳などさまざまです。

責めては男が基本で、ねっとり、長期間、調教し、ヒロインたちを開発していきます。

こんな感じで簡単に紹介してきた北都凛 先生ですが弱点があるのも事実。
それは作品の完成度には少々バラツキがある気が・・・。
しかし、完成度の高いものは本当に高いので、ぜひ紹介せさていただきたいと思います。

さて、そんな先生のオススメは 「鬼畜学園」。

これは素晴らしい。

目次

第1章 凛々しい合気道少女
第2章 張り巡らした姦計
第3章 地に堕ちた学園のアイドル
第4章 密室での倒錯アクメ
第5章 目撃された巨根レイプ
第6章 果てしなき魔の饗宴

は、まぁこんな感じで、全287ページ。

ヒロインは二人(ほぼ一人)。
小夜。
幼い頃から合気道を嗜む少女。
合気道をしていることや、幼い時に父や姉を亡くしてことで少々独特な雰囲気で美少女なのに周囲から浮いており、知り合いは幼馴染の翔太のみ。
死んだ姉や父のことは心から慕っていた。

菜穂。
大人しい女教師。小夜の姉に雰囲気がとてもよく似た教師。
大人なしい性格の割りにナイスバディ。



物語は小夜が小さい頃に父や姉が事故でなくなった件、そしてすぐに父の道場が親友である藤堂の手に渡ったこと・・・その道場がすぐに潰されたことなどに不振を持っており、その辺りを自分でも調査するため、藤堂の経営する学園に転校する・・・。

まぁ、こんな感じで物語りはスタートします(その前に姉が何者かにレイプされている描写が軽く書かれていますが・・・)。
その学園で雰囲気が死んだ姉に似た菜穂に出会います。
姉に似て優しく、大人しく、綺麗だ、グラマーな菜穂。
そんな菜穂が空手部の奴らに乱暴に迫られているところを助けた所から少しずつ歯車が動き出します。
一人の少女に負け、面子を潰された空手部の鬼島・・・損お鬼島は父の親友の藤堂と手を結び、菜穂を人質に取り、小夜を陵辱、調教していきます。
何とか反撃や作戦を練ろうとするがそうするとすぐに、菜穂のことを引きあいにだされ、言うがままにされてしまう小夜。

ここで、まず視姦。
そして、実は姉をレイプしていた犯人、藤堂に処女喪失。
そうまでして、守っていた菜穂も鬼島に陵辱されてしまう。

さらに後日、鬼島は道場で堂々と小夜に勝負を挑む。
しかし、勝負の前に膣内にローター、アナルに浣腸液を入れられており、構えをとるのがやっとの状態・・・。
みんなの見ている前で嬲られ、蹴られ、最終的に脱糞してしまう。
ここで、空手部から菜穂を守ったという英雄視されていた小夜は一気に学園での地位を叩き落とされます。
もう、身も心もボロボロの状態・・・。
幼馴染の翔太が心配してくれ、そして告白してくれそうになるが・・・まさかのここで鬼島の待ったが入り、妨害(笑)され、翔太がいなくなった後でアナル調教。
そして、土日で徹底的に調教。
藤堂に自分から跨るように指示され、騎乗位・・・そしてお尻を鬼島に入れられサンドイッチ。
意思に関係なく、二つの肉棒を締め付けてしまい絶頂。
その後、やっとな菜穂に会えたかと思うと、鬼島の手で隠れて調教されており、もう鬼島にメロメロ状態。
鬼島に指示され、小夜を愛撫する菜穂。
鬼島と藤堂とは違い、ゆっくりした愛撫や頭を撫でられ・・・精神的に参っている小夜はまるで本当の姉にされているような感覚に陥り、双頭ディルドでダブル絶頂。
その後、菜穂からは離され、藤堂とSEX、鬼島にイマラチオ・・・これだけでも感じまくっているのに、菜穂の長い指で精液まみれのアナルを弄られる。
そんな状態でも絶頂してしまう小夜。
土日でさんざんレイプ、調教され、ほぼ肉体は屈服している状態。
そんな状態で月曜の朝を迎える。
さらに、最悪なことに学園の道場でも藤堂に調教されるのですが、それを翔太に見られてしまう。
もう、藤堂とのSEXはほぼ和姦になっていて、それを見た翔太はショックを受ける・・・まぁ全部策略なんですが。
二人の情事を見た翔太はさらに菜穂から、嘘八百を言われ小夜から嫌われている、小夜は藤堂は好きなど言われ、もう小夜に近づかなくなります(まぁ、菜穂に手コキされそれに対する負い目もあるかも?)


ここからが、素晴らしいのですが、幼馴染にも見捨てられ、肉体的にも限界に来ているはずなのに、最後の最後の一線はキープする小夜。
藤堂や鬼塚は、小夜を土日に監禁・・・そして空腹責めにし・・・・・・。
空腹の状態でチンコにジャムを塗られ、咥えさせられます。
空腹と調教で限界だった小夜はそのまま咥えて・・・もうジャムのない状態でも・・・舐めつづけてしまい・・・。
空腹を調教に使うのは珍しく中々うまい!
その後、ついに自分からSEX中にオネダリ、奴隷宣言、中出し宣言してしまう小夜。

ここで・・・終わりかと思いきや、鬼島と藤堂は油断した隙に空腹と調教・・・精神的にも限界まできていたが、菜穂の顔を見ていると・・・・・・気合が再び入ってきて・・・。

小夜と菜穂、二人で脱出したが、もはや菜穂は藤堂と鬼島の心からの奴隷となっており、小夜に睡眠薬を盛り・・・・・・。

最後は姉と父の死の真相を聞かされ・・・・。
二人の調教者からにげられないように刺青を入れられ・・・。

完全に精神を折られ、快感と調教で二人の奴隷となる小夜。
しかし、愛する菜穂とならもういいか・・・と諦める・・・・・・。

意外に長くなってしまった。

今度からもう少し短くして、内容、感想を書きたいと思います。
それに内容を書きすぎかな?もう少し、簡潔に書きていこうかな?

アナル
トラウマ
脱糞
調教
合気道
美少女
軽いNTR
強気

の単語に反応するかたは要注目!!!


アマゾン

鬼畜学園 囚われた転校生 (マドンナメイト文庫)

キンドル


鬼畜学園 囚われた転校生 (マドンナメイト文庫)
  1. 2012/11/10(土) 19:07:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田沼淳一 淫姦―実母と姉と家庭教師

第10回は田沼淳一 淫姦―実母と姉と家庭教師 です。

田沼淳一先生についてはリンク参照で・・・。

というわけで、ベテラン作家にして、フランス書院での僕の1番好きな作家さんです。
さて、内容は

目次

序の章
美母姉弟と女家庭教師
恥の章
淫獣の家に迷い込んだ獲物
授の章
屈服していく清純な女体
辱の章
エスカレートしていく特別授業
肛の章
すべてを奪われた名門女子大生
輪の章
七人の青狼、輪姦包囲網
獣の章
どこまでも白濁を注がれて
母の章
悪魔の24時間調教
滅の章
実母と少年・相姦前夜
姦の章
甘すぎる相姦の果実
結の章
狂おしい愛の行方

全356ページ。

ヒロインは二人
佳織。実母にして爆弾ボディ。優しさの中にも芯の強さがあるタイプ。

家庭教師の静香。佳織には及ばないが、Eカップのメリハリの利いたボディ。清楚な姿の美女。彼氏持ち。

主人公にして、責め役は義姉の翔子。この翔子がヒロインたちを責めたり、男達を操って責めたりします。
可愛く、スレンダーな義姉ですが、外見とは裏腹にサディスト。
ヒロインを責める発想や言葉攻めなどはうま過ぎ(笑)。
策士にして責め上手で、ヒロインたちを快楽の奴隷に墜としいれます。
陥れる理由や目的は自分から父を奪った再婚相手の義母の佳織、息子の優希を破滅させるため、そのためにはどんな手段でも使います。
まず、手始めに義弟の優希を堕とすために義弟の家庭教師、静香をターゲットに・・・。
家に招き、利尿剤入れの飲み物を飲ませ、スタンガンで気絶させます。この辺りを簡単にやってのける義姉、翔子さすがドS(笑)
気絶している隙に口と身体を縛り、ブラのみ姿にさせられた家庭教師、静香。
起きた後、同性である翔子に陵辱・・・下半身を撮影し、陰部の中を探り、硬さ、柔軟性を確認。
さらに、ビラビラを持ち、触り、すぐに調教で伸ばしてあげるとS発言で静香の気持ちを絶望させます。
その後は、Eカップの巨乳をまざぐり、感度を確認。
下調べを終えると、そのままクンニと手マンでイカせ、焦らし。
そして、目隠しとヘッドホン付け、自分の陰部の中の音や媚薬を塗りつける音を強制的に聞かせる。
そのまま、ローターと手マンでクリと中を同時攻めし潮とションベンを漏らさせる翔子・・・ここまで全部撮影されており、もう言うことを聞くしかない状態に追い込まれてしまう家庭教師。
そのまま少しずつ、優希を誘惑させるように持っていく一方・・・元彼の超絶燐男に頼み家庭教師の静香を調教させる。
この元彼の青年も、ものすごいテクと絶倫で1日に静香に10回射精。
そして、焦らしまくって自分の名前とイクと言わないと絶頂してはいけないように仕込む。
翔子の元彼は静香の美貌とボディ・・・清楚な中に住むMな淫靡さに魅了され、アナル調教。
彼氏の写真の前でオナニー。
クリトリスをデカくする調教。
彼氏の写真の前で焦らしてSEXおねだり。
無理やり痴女発言。
彼氏の写真前で陰部を広げ、膣内射精のした後見せ、SEXの詳細報告。
彼氏の写真の前でSEXし、青年をご主人様と言わされる(本心で)

後日、公園で6人の青年に乱交。
6人相手にもうノリノリな静香。
汚い公衆便所でフェラ。
巨乳やアナルを揉まれ放題。
精液でドロドロの状態・・・その状態で浣腸させられ、6人の見ている前で排泄、排尿。
もう完全に奴隷状態になった家庭教師は勉強そっちのけで優希と一緒にオナニーの見せ合い、フェラ、シックスナイン。
そして、次の日翔子は隠れて優希の部屋を撮影・・・そこで優希と静香が初SEXをしているところを撮影し・・・優希の弱みを握り、優希も調教を施していく。
優希と静香・・・二人を同時調教しつつ、最後に、佳織に手を伸ばす。

正直、書くのが疲れてきたので(笑)省略しますが・・・。

夫の仕事の関係でおらず、SEXをしばらくしていなかった佳織は白い肌、引き締まったウェスト、美脚なのですが・・・腋毛がボボー、マン毛も生えっぱなし・・・この辺りのギャップが興奮しますね。
この義母もデカクリ調教。
爆乳のみで絶頂するまで調教。
Gスポットを擦られると潮を吹くように調教。
強引にフェラ。
焦らして、焦らして絶頂させまくり、息子とSEXしたいというまで何度も絶頂、焦らしお風呂SEX。
ボルチオ責め。

そして、マスクを被せられ、息子の優希とSEX。
優希は母と気づかずにSEX、二人とも絶頂・・・その瞬間にマスクを取り・・・・・・。

まぁ、こんな感じです。
好きな作家さんだけに長く書いちゃいました~。
売り切れの「狂愛学園」よりこっちのほうが手に入れやすいし、オススメかな?軽く今流行のNTRでもあるし・・・。

パワフルな作品で描写も激しく素晴らしく、完璧。
調教も痛いことはせずに、ひたすら快感のみでヒロイン達を屈服させていく書き方は圧巻の一言!!

連続絶頂
アナル
クリトリス調教
巨乳
爆乳
SM
寝取り
相姦
屈服
陵辱

のような単語に反応する方は要注目!!!

ちなみに、翔子の野望は最後の最後に失敗し、優希の手に堕ちます(数ページのみですが・・・)


ではまた~


アマゾン

淫姦―実母と姉と家庭教師 (フランス書院文庫)

キンドル

淫姦 実母と姉と家庭教師 (フランス書院文庫)
  1. 2012/11/09(金) 01:26:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤隆生 美人教師 堕ちた美肉

第9回は藤隆生 「美人教師 堕ちた美肉」です。

1日1更新を目標としているのですが・・・キツイなさすがに、書きだめもしていないし・・・ま、あ出来る範囲で頑張りますので、見てくださると嬉しいです。

何か藤隆生先生の作品を紹介するの多いなぁ。まぁ、別にいいか。

さて、内容は・・・。

目次
プロローグ
第1章 狙われた美体
第2章 処女教師の絶頂
第3章 死ぬよりもつらい破瓜
第4章 止まらない被虐
第5章 新たなる調教者
第6章 夢幻の悦虐へ

全334ページ
中々の大作です。

ヒロインは一人。ヒロイン一人で300ページ越えの時点で藤先生の実力の高さがわかると思います。

元女子硬式野球の選手で瑛理子(25歳)。
元野球選手だけにしなやかなでスリムな身体で少し筋肉質(まぁ、調教していくとどんどん女らしくなっていくんですが)。
しかし、胸は野球をしているときから、ユニホームの胸文字が歪むほどの巨乳(Fカップ)。調教後、さらにデカくなります。
気はそこそこ強く、常識人ですが、ある弱みを握られ逃げられなくなっていきます。
後、処女です。

仕事は進学校で有名な学園の教師。
ある事情で野球部の顧問となった瑛理子はその野球の潜在能力に驚嘆する。
この子達なら、自分の叶わなかった甲子園にいける!!そう思うが、練習器具や場所などにどうしても費用がかかってしまう・・・そんな時に理事長が自分の経営しているサロンでウェイトレスをやらないか?と誘う。
まぁ、これが、罠でそこは実際に行くとサロン兼SMクラブ。
もちろん、断ろうとするがそうすると廃部という理事長・・・。
瑛理子は泣く泣く承諾すると、大画面で野球部の練習中に走るヒロイン、
水泳の授業で、水着を着たヒロインとヤラシイ角度で取られた写真が映し出され、無理やりバスト、ウェスト、ヒップのサイズを告発させられ、しかも男性経験まで穿り返される。
その後は縛られ、サロンの客達が見ている前でローターと電マで初めての絶頂。
派手な絶頂のあとは、ビデオカメラの前で奴隷宣言。
しかも、調教はサロン内だけではなく、野球の練習の時にはノーブラで二プレスのみ+毛皮の硬い毛がびっしり付いたパンティをつけて参加。
さらに、サロン内ではほぼ裸かのほうがマシというコスチュームで接客させられる。
豊かな胸や、むっちりした胸がゆれ、形を変えるたびに男達からの視線で羞恥心が疼くが、身体のどこかが甘く蕩ける感覚に混乱する・・・この辺りのヒロインの困惑と快感との葛藤の描写はさすがベテランの先生、うまいです。
サロンの男達の視線だけではなく、ノーブラで野球部の練習をサポートしているので自分がランニングやノックをするような激しい動作をすると巨乳が弾み、暴れる姿に部員も目を離さない・・・そんな教え子達への視線にすら激しい羞恥心と甘い疼きを関してしまう瑛理子・・・もう自分が処女なのに、マゾで見られると興奮するという性癖を自覚して、ますます落ち込んでいきます。
そんな所に、かつて自分が一番嫌っていた男と闘うことになり剣道で負け・・・処女を破られ、陵辱され、・・・しかも絶頂してしまいます。
自分の一番嫌いな男にすら感じてしまう瑛理子・・・もはや、身体的にはほど理事長の調教に没落しており、この頃には揉まれまくった巨乳はFカップのブラでもきつくなり始め、引き締まっていた身体は脂肪がのり、柔らかくなってきていた。
さこまで、調教が進むと・・・サロンの客達や理事長は野外調教で深夜の公園で浣腸、アナル調教されます。
ここで、この野外調教を野球部員の主力メンバーの一人、若杉が見ていた所から物語りは違う局面を見せ始めます。
もう、身体も精神もサロンの会員と理事長に屈服し、野球部を守るためか、快感を手放したくなっからかすら、わからなくなってしまっていた瑛理子。
ここで、部員に見られて・・調教者は部員達にバトンタッチ。
理事長達のしているところを撮影し逆に脅し、瑛理子に近づかないことを約束させます。
教え子達に調教されるという禁忌なのに、瑛理子はさらに興奮し絶頂し、イキまくります。
もう、男がいないと生きていけないと感じた瑛理子は部員の前でストリップまで披露し、乱交し・・・まぁ、そんな感じでエンディングです。
藤先生らしい、自分の中の事全てをヒロインが自ら認めるハッピーエンド(?)・・・安定した作品で、安心して人に薦められます。


女教師
巨乳
マゾ
視姦
処女
アナル
乱交
野外調教
縛り
調教

こんな単語に反応しかたはオススメです!!


アマゾン

美人教師 堕ちた美肉 (竹書房ラブロマンス文庫)
  1. 2012/11/07(水) 00:08:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏月燐 狂愛の絆_若妻とストーカー

さて、第8回は夏月 燐 先生です。

夏月 燐先生も結構長い、ベテランの先生ですね。
しかし、作品の数は少なく、5本?くらいです。
作品の内容は主人公が憧れのヒロイン(大体年上)を陵辱し、その後写真で脅すか、監禁して調教していきます。
調教っていっても、主人公はヒロインを愛していますので、あまり強引なことや、痛いことは極力避け、快感を感じるような愛撫を長時間し、ヒロインをメロメロにします。
ヒロインもやたら愛のある甘い言葉を吐く主人公に少しずつ心を開いていく・・・(すんごい都合のいいストーリーですが、そこがいぃ!!!)
SEXの描写、男の視点と女の視点のバランスがちょうどいいのも特徴かな?
後、ヒロインは基本的に一人だけで爆乳でスタイル抜群なのも特徴かな?
さて、そんな夏月 燐 先生のオススメは・・・「夏月燐] 狂愛の絆_若妻とストーカー」

目次

第1章 顔のない脅迫者X
第2章 侵入者・自宅レイプ
第3章 夫に言えない陵辱生活
第4章 浴室で「妻」に強いる奉仕
第5章 悪魔に愛された私
第6章 調教に応えはじめた二十四歳
第7章 新しい「夫」・肛虐結婚式

全280ページ

ヒロインは人妻である有紀(24歳)、気が強く、ワガママボディ(古ッ!)
でボンッキュッボンッ(古ッ!!)

始まりは、配達員の主人公がある金持ちの家に配達するところから始まります。
そこで、そこの家の妻(24歳、有紀)を一瞬見た。
もう見た瞬間に外人のような胸、腰、艶やかな唇、美しいロングヘアにもう心を囚われてしまう主人公(19歳、誠)

そして、ストーカー化し、手紙や付け狙いしたりして、ついに夫の留守に家にまで侵入し・・・陵辱・・・するはするんですが、ヒロインに心底惚れているので、丁寧・・・を通り越して、長時間かけて丁寧に、丁寧に愛撫します。
そんな誠のテクとローター、素股に絶頂につぐ絶頂しまくります。
その後、何時間も挿入し、生だし、背面座位、ベロチュウしながらSEX、手を縛られSEX、手錠をかけられ対面座位でSEX、バックでSEX・・・これを5時間一晩中ヤリ続けます。
もう、ヒロインのことが好きすぎて、まったく衰えしらずで生だし。
有紀は初めは抵抗し、SEX中もダンナと比べられると生意気な口を聞きますが、途中から意識が朦朧とするくらいに感じ、Gカップの爆乳を揺らしまくり、吸われまくり、膣内をしめまくり、淫語を吐き、屈服していきます。
有紀はイキすぎて腰がくねらせすぎて疲れてヘトヘトの状態にされても主人公は硬いまま、生だし。
そんな状態でイヤイヤ言っていた有紀も最後は結局、おねだりし、絶頂。

その後、ダンナに睡眠薬を飲ませて、その横で嫌がる有紀にSEX。
しかも、あんまり濡れていない状態で挿入されたのに、最後はもう自分からネダってしまう。
もうこの辺りになると嫌がるのはほとんど形だけで、もう和姦状態。
まぁ、夫のほうは40代でSEXの相性もあんましみたいだから、19歳の主人公のほうがいいか(笑)
でも結構、有紀のほうもSEXの前や誠が家に侵入してくる前までは自分は淫乱ではないか?主人のほうを愛しているのに・・・とか葛藤があってあんまし、尻軽な感じはしません。

まぁ、その後はビキニSEX、露出調教、身体開発、トイレでSEX、
ラブホでSEX、首輪をつけてSEX。

もうここまで来ると、仕事の関係であんまり家にいない夫の留守に昼からお風呂で夫のふりして有紀に奉仕させたり、やりたい放題です(笑)
しかも、緊縛SEXまでし、縄の跡で本来の夫とSEX出来ないように
したります。
ここまで変態SEXに慣らされると最後はアナルまで開発され、もう見も心も主人公に墜とされます。

主人公が歪んでいるとはいえ、本気で自分を愛してくれていると思った有紀は主人公と一緒に、豪邸と夫から逃亡し・・・アルバイトで生計をたてながら暮らします(まぁ、ハッピーエンド?かな)。
このくらいの陵辱なら、レイプとか強引系が嫌いな人でも安心して読めると思いますね。
ほぼ、和姦とおもってくれて大丈夫で幅広い人にオススメ出来る作家さん。
でももう少し作品の出るペースを速くしてくると嬉しいかな?好きなので。

後、意外とキスの描写が多いのも特徴かな?

ヒロイン一人
爆乳

丁寧
いろんなSEX
和姦
キス
アナル
開発

そんな言葉に反応するかたは注目!!!

アマゾン

狂愛の絆―若妻とストーカー (フランス書院文庫)

キンドル


狂愛の絆 若妻とストーカー (フランス書院文庫)




DMM

狂愛の絆 若妻とストーカー
  1. 2012/11/04(日) 17:16:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草凪 優 最終面接

第7回は草凪 優 先生です。
先生はかなりハイペースで作品を作ってくれており、著作の量はかなり多い!!
持ってるのは6作品ですがもっと出てます。
さて、作風は主に純愛が多い・・・というか、ほとんど純愛で、僕が知ってる中で唯一の調教、陵辱モノは一つしかありません。
まぁ、それは例外として・・・基本的に主人公は消極的で過去にある失敗やトラウマを抱えていて、sexと愛と人間関係で克服し再び立ち上がっていくような物語が多いかな?
読みやすい文章でヘタに奇をてらった書き方もせず、王道です。
官能小説は少し変わった文体や書き方が多いのでここまで普通に書かれると逆に新鮮です(笑)
もっとも書き方は普通で、言葉や言い回し、展開がうまいので誰にもでオススメできる作家さんですね。
確か、「この文庫がすごい!官能小説大賞受賞」も受賞してます。
そんな賞をとるのも納得の安定した純愛ものです。
もっとも、ただの純愛ではなく、目的のヒロインにたどり着くためや、自信を取り戻すために何人かの女性と寝たりもします。
でも、他のサブヒロイン達も主人公が本当のヒロインがいてるのも納得の上でのsexなので主人公が嫌な奴だとは特に思いません。

さて、そんな草凪 優先生のオススメは・・・「最終面接」!!
初期の「桃色リクルートガール」を改訂したものですが、先生の実力がよくわかる作品です。

読みやすく、わかりやすく、二人のヒロインの魅力もよく伝わり、素晴らしくよく出来ています。

目次

第1章 セクハラ面接官
第2章 白いパンティの秘密
第3章 赤い下着のお嬢さま
第4章 人妻の柔肌
第5章 後ろからお仕置き
第6章 お漏らししてもいいですか
エピローグ

全328ページ



ヒロインは二人。
香純(22歳)、純粋で黒目が大きい。童顔、小柄。素直さと意外に強情なのが萌え!!!
綾乃(22歳)、役員令嬢で無理やり主人公のいるフィールドサポート課のアシスタントに割り込んできます。
性格は大胆不敵、強引、強気。しかし実力は本物で努力家、無邪気な一面もあり。
身体は長身で、Fカップで背中まである長い髪、腰の位置も非常に高く、フランスのモデルような感じ。




主人公は有能ですが、女性関係で失敗したシステムエンジニア。
全てが嫌になり、会社に辞表を出すが有能なために引き止められる。
しかし、熱心に仕事をするわけでもなく、暇なので新入社員の面接官を引き受ける。
そこで、ヒロインの香純が面接を受けにくるが・・・しどろもどろで、噛みまくり、肝心なことは黙ってしまったり(理由は物語の最後にわかります)、で面接に落ちてしまいます。
しかし、たまたま出会った主人公に何とか会社に入れてくれるように頼む。
この辺りは主人公の慌てぶりと、過去のトラウマで女が苦手になっていて、近づかれて動揺してしまう姿がうまく書かれてます。
香純に何とか諦めてもらうために、自分はセクハラで会社でも迷惑がられてるクソ野郎だといいます(主人公専用の部屋があるのも、主人公がみんなに煙たがれていると説明)。
しかし、ある理由でなんとしてもこの会社に入りたい香純はセクハラをしてもいいと言い・・・。
この辺りは逆に純粋で、怖がりなのに、気丈に振る舞い、セクハラなんて大したことないと強がる姿がうまく書かれています。
何とかセクハラ試験を乗り越え(主人公のほうが押し切られた)、思いのほか大胆で、見た目のとは逆に意思が強い香純に主人公が翻弄される形
でスタートします。
一般職希望で主人公のようなパソコン関係とか無縁なヒロインが仕事のために、パソコンのことも覚えます!まだIDSNとADSLの違いもわかりませんけど、これで覚えますと初心者用のガイドブックを見せるところ。
他にはパソコンも持っていないところには笑わせてもらいましたが(そこまで聞いて、とりあえずお茶を淹れに給湯室に行かせ、絶望するところやヒロインの初めて命令され明るい声、キビキビとでお茶を淹れに行くところの対比など面白いかったです。

そんなこんなで、二人の職場や微妙な関係がスタートするのですが、
スーパーエリートで役員令嬢にして、スーパーボディの持ち主、綾乃の登場。
このヒロインの登場で、話は複雑に動き出します。
大胆でハキハキした物言い、香純の場所である主人公のアシスタントの位置を奪おうと行動していきます。
しかも、そのナイスボディで主人公を誘惑したりと、やりたい放題です。
しかし、その誘惑も綾乃本人は隠していますが、チラチラ羞恥心が見え隠れしており、その羞恥心と緊張感が主人公をますます翻弄させます。

この二人のどちらかが主人公のアシスタントになるのですが・・・。

こんな感じでストーリーが進んでいきます。
300ページ越えで、3人の関係、そして主人公をサポートしてくれる第三者の存在などなどが展開されていきます。


このblogでは珍しくラブコメ小説を紹介。
肝心のsex描写もかなりのページ数をとっており、そこらへんの描写もそこらのフランスやマドンナの作家陣より遥かにうまい!!そういう意味でもオススメです。




ひたむき
純愛
三角関係
ラブコメ


こんな単語に反応する方オススメです!!!

アマゾン

最終面接 (悦の森文庫)
  1. 2012/11/04(日) 17:11:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。