FC2ブログ

官能小説感想文

このブログは官能小説の感想を書くBLOGです。 一応18歳未満の方は見るのをご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エルフ  麻呂の患者はガテン系1&2 合体版

言わずと知れた大手のエロゲーメーカーです。

昔に比べ、どんどん落ち目になっている・・・っと噂でしたが、NTR界に現れた ボクの彼女はガテン系 は凄まじいものがありました。

もともとシナリオライターの土天冥海先生は凄腕のシナリオライターさんでしたが、若妻万華鏡  夫の前で犯されて… 媚肉の香り などで人気の方でした。

しかし、ボクの彼女はガテン系はその中でも内容を明かさない売り方、パッケージのない売り方は一番話題になり、さらにその中身とNTR具合が最高でNTR界では当時は話題がもちきりでした。

そんな中、俺は食わず嫌いで人気がありすぎて逆にやらない、長いものには巻かれない、流行りには流されないクールを気取りプレイしませんでした。

しかし、このタイトル通り 麻呂の患者はガテン系1&2合体版 はプレイしましたw

内容は、もちろんNTRものですが、選択肢を間違えると速攻バッドエンドです。

特に1は、妊娠のことで相談にきたヒロイン咲美(25歳)。

そこには麻呂が医者として待機していましたw

このヒロインはかなりきちんと設定やキャラが作られており、このあたりはさすが土天冥海先生。

常識人で、かつ心の根をきちんともった芯のあるヒロイン・・・巨乳で強気で強くて・・・優しく可愛い!

ここで彼女に不信感を持たれぬように、スリーサイズ、普段の性的な行為の仕方や、どっちが主に責めか、感じる場所は、行為に誘うのはどちらか、初体験の相手は、よく濡れる方か、生理の周期はなどなどを聞かなくてはいけません。

ここで一歩でも不信感を持たれると退室・・・バッドエンドですw

まぁ、このキャラはきちんと常識のあるヒロインなので逆にそこは嬉しいというか落とせない獲物ってかんじで面白いです。

口八丁手八丁と真面目な質問っという雰囲気作り、本当はこんなこと聞きたくない、しかし愛する夫と咲美のためと、説得し、少しずつ相手のことを知りながら相手の信頼を得ていきます。

あとは、夫の精液を持ってきて検査する・・・しかし、ワザと彼女に顔にかけてしまう(実は麻呂の精液と交換されていた)、あとは母乳の出や乳がんのためと触診・・・初めは手袋や後ろからで胸は見ないとの約束だが・・・。

ハプニングのふりでと、気になることがあると手袋を外し、彼女を前に向かせる。

ここまでさんざんバッドエンドを繰り返してきたので、ここで生乳を見ただけでめちゃ興奮します。

さらに美咲が気も強く、押しにも中々負けない性格であり、常識人であること、さらに胸の大きさにコンプレックスがあることなどが加味され、その彼女が胸を晒したっという達成感とCGの塗のうまさと微かに顔を赤くする彼女の顔がたまらなくエロい。


エロシーンも部分的に動画を取り入れてますが・・・乳や腰周り、表情の変わり方やらが半端なく滑らかです。

このあとも、手マンでイカセたり、検査としてしょうしてバイブたローターでアクメさせ、夜這い、夫が見ているのに、検査としてSEXなどなど続きます。

強気で竹を割ったような性格なのに、エロスに弱くちょっとマゾってところがかなりポイント。

2では新キャラや責め手が麻呂だけでなく、ヤクザや借金取りに焦らされ、寝取られ・・・もちろん麻呂ともやります。

麻呂の家で騎乗位SEX、咲美の家で夫にバレないように・・・などなど。

点数は80点。


DMM

麻呂の患者はガテン系1&2 合体版

しかし3,4と出るみたいですが・・・中々開発がうまくいってないみたいで・・・心配です。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

  1. 2014/12/17(水) 01:00:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

市川光紀・百済内創  海底戦艦の皇女

またまた、市川光紀先生の作品。

今回も美少女探偵として有名な毬音が冒頭から出てきます。

シーサーペント・・・世界の各国から恐れられている潜水艦。

しかもどこの国の所属かも不明で、その大きさと破壊力から、有名な怪物の名で呼ばれていた。

その潜水艦が日本の海軍の潜水艦の探知機で見つかり・・・恐怖し、厳戒態勢になる船内。

しかし、シーサーペントの無線から毬音の声で3人の救助者以外、皆死亡で、この潜水艦はまもなく爆破される・・・救援を頼むっとの声が・・・。

こんな感じで物語は始まります。

ここからエジプトの宮殿での魔に魅了され不死の魔術師とそれに無理やり花嫁にされた女とそれを助ける男の話が急に入ってきます。

不死の秘密を解き明かし、女と男は無事、魔術師を倒す・・・映画みたいだな~っと思ってたら映画でしたw

この映画に出演していたのが毬音の恋人である今、一番の人気急上昇中の女優・真志保と友情出演の毬音。

二人はこの映画のせいで、毎日TVや試写会、他の映画への出演依頼なので、てんてこ舞い・・・そんな二人はある日試写会を抜け出し、船での

旅行に出かける。

豪華絢爛な船の上で今回の映画のことや二人の出会いなどを語り合い、そして。

二人共忙しすぎて最近二人っきりの時間を取れずにいたので、激しく愛し合う。

大人しく、可憐な真志保らしく小ぶりな胸や幼さと女らしさの中間のあどけない肉体を愛撫し、舐め、キス、ディープキスと積極的に愛する毬音。

しかし、受身だった真志保も毬音をもっと愛したい、自分だけ気持ちよくなるのは嫌だっと毬音のスタイルに合うように成長した美乳を揉みしだき、

吸いつき、耳に唇を這わせる。

責めしか知らない毬音は自身の喘ぎ声や与えられる快感に反応し胸の先が固くなり、腰が勝手に跳ねてしまう。

受けの快感に気持ちよくなる自分の反応にプライドと快感との狭間で揺れるが、懸命で気持ちよくなって欲しいっとの純粋な真志保の愛撫にどん

どん邪魔なプライドを捨て、快感に没頭していく毬音。

二人で指で舌で唇で愛し合い、絶頂し合う二人・・・そして行為が終わり口づけしようとした時に、巨大なモリが船体を貫く。

シャチと縄を付けたモリを持ち近づき、船に降り立つ男・・・そこで男がこの船は海賊に狙われていることを告げ、船長や乗客、乗組員に警告する

が、笑って相手にしない船長。

しかし、すぐに巨大な潜水艦・シーサーペントが現れ・・・。

毬音と真志保は再び、奇妙でエロい事件に巻き込まれていきます。

シーサーペントの正体、若い女艦長、警告した男の正体、館内での謎の凌辱事件などなど。

真志保と母親(彩香)を人質に取られてシーサーペントに乗り込む毬音・・・そこで、シーサーペントと原子力の秘密をきく。

王女の美沙緒と渚の姉妹はこの力を有効に、国のための使おうと考えているが、国のNO3.の須藤はそうは思っていなかった。

5人を催眠ガスで眠らせ・・・王女の美沙緒の秘密、特殊な機械でフタナリにし、パイパンにし、性奴隷にして操っていることをバラす。

性的に調教し、さらに博士の発明したウイルス・・・神経を過敏にし興奮させるものだが・・・逆に絶頂寸前で脳のシナプスを鈍感にさせ、寸止め

状態にさせる。

もうひとつのワクチンを打たないと絶頂できないようにし、毎晩調教された肉体は知らない毬音達がいても、限界にきて、浅ましく腰をふり、ワクチン

を打つようにオネダリするようになってしまった美沙緒。

しかし、過去に陵辱と調教を受けたことが毬音と真志保、彩香は、こんなことは一時的なことと気持ちはわかる、こんなことで軽蔑しないと励ます。

そんな彼女たちを嘲笑い、ワクチンの正体が自分の体液であることを話す須藤。

王女は自分から須藤の下半身にしがみつき、何度もワクチンをオネダリする。

さらにも一人の王女であり、軍人の渚にも・・・。

注射のせいで、密かに自慰し膣や陰核よりも何度も愛撫してきた胸が膨らみ、軍服を吹き飛ばしそうなほどになる。

しかも、感度もオナニーの比ではなく、深く思い凄まじい快感に悶絶する渚。

須藤に軍服を脱がされ、綺麗な半球形をした巨乳が飛び出し、充実感たっぷり揺れる。

スレンダーだったはずの肉体の変化と須藤に乳オナニーばかりしていたからこういった効果(巨乳になる)が出たことがバレ、羞恥心と悔しさで胸を一杯にする渚。

しかし、それも須藤の指で先端を弾かれ、豊かな乳肉を揺さぶられ、揉まれ、ぐにゅぐにゅと揉まれ、こねられると、悔しや羞恥心が吹き飛ぶほどの

快感に鉄の意志にヒビが入る。

さらに姉妹同時に巨乳揉み、乳比べ、揉み具合の違いなどを事細かに言われて、憎しみと同時に目がくらみそうな快感され、気持ちいいっとつい言葉を漏らしてしまう。

ワクチンを打たれ、改造された胸でイキながら乳を吹き出しアクメする渚、さらにそれを見て、我慢できなくなった美沙緒は自らの男根を妹に挿入し、みんなが見ている前でアクメを貪る。

処女で痛みに耐える渚だが、胸の愛撫と同時に膣を犯されると、次第に快感の方が、痛みに勝り、母乳を姉にかけながら、最後は自ら騎乗位で腰を振り、絶頂し合う二人。

さらに、須藤の目標は毬音の母(33歳)に向かい・・・。

下着姿にされても軽口を叩き余裕を出す彩香・・・しかし、目の前の男がかつて自分の夫が捕まえ死刑にした男でことがわかると、余裕がなくなる。

かつて、夫が殺した相手であり、彩香の肉体を何度も味わい絶頂に追い込んだ男。

その男に、グラマラスな肉体を曝け出し、ダイナミックな爆乳を揺らす彩香。

さらに特殊な薬と肉で男根を生やされ、さらに全身のツボと特殊な愛撫で触られてもいないのに、何度も絶頂に追い込まれる。

そして、彩香の男根の精液もワクチンになり、焦らされた女部下たちが集団で彩香から精液を搾りとり、絶頂を極めていく。

まぁ、こんな感じで進んでいきます。

完全に制圧された空間と敵部隊に少数の毬音たち、原子力をつかった陰謀、王女たちの処刑へのタイムリミット、4P、シックスナイン、調教、凌辱、洗脳、須藤の死、毬音の秘策、彩香焦らし責め、王女の覚悟、彩香男根調教、渚の恋と恋人との母乳だしSEXなどなど。

敵もかなりしつこく、そこそこ賢いのもいいですね。

過去の事件や出来事も出てきますし、またこのシリーズは紹介したいと思います。

点数は77点。

相変わらず、目まぐるしい展開と、エロスと謎が散りばめられています。

しかし、エロイのに読み物としても面白い。

さらに挿絵と表紙がこの作品のエロさを引き立ててくれます。

こういった作品は、普通はそんなにエロくはないんですが、そこは作者の力量・・・ふんだんにエロと陵辱を入れながらもストーリーもある・・・素晴らしいです。

注意!毬音や真志保の陵辱や肉体改造のシーンはありません、前半の二人のレズ行為のみで性的な出番はありません。














アマゾン





  1. 2014/12/14(日) 01:05:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝比奈 海 【狂夜】 二人の母と叔母

やはり毎日更新は無理でした・・・来てくれる人の数を増やしたいのですが、なかなか難しいですね。

つうか出来るか毎日なんてっ!

学生時代だって、あんなに勉強しろ、勉強しろって言われてしなかったのに、急に何でも毎日一つのことをやるなんて無理に決まってんだろ!

自分から言ったんじゃねーかっ!毎日更新ってっ!・・・・・・・・・・・・・・・知るかバーカっ!うんこっ!うんこっ!バーカっ!

まぁ、気持ちは毎日・・・行動はまぁその気持ちについてきてくれるかはわかりませんが・・・とりあえず頑張って更新するって感じで・・・。

たまに覗きに来て下されば幸いです。


さて、今回は朝比奈 海 先生。

うまいし、エロい、キャラもいいのに・・・最近新刊を出してません。

ここらへんが何というか、難しい所です。

ヒロインの名前とシチュをちょっと変えただけのような作品を毎年、4~5作品出す人の方が名前が売れ、知名度もあがり、本も売れるのでしょう・・・。

しかし、きちんとプロットや進行具合、キャラの心理や、矛盾がないように仕上げるには時間がかかりますし、集中力も、才能もいります。

それに官能小説はあまり売れませんから、利益にはあまりならないでしょう・・・そういったことで、実力者が1、2作品出して消えて行き、安易に名前とシチュを少し変えた作品を出す人が幅を利かしてしまう・・・そういったこともあるのでしょう。

この朝比奈 海先生も実力はあるのに、最近新刊を出していない先生です。

もったいないなぁ~。

新刊、読みたいんですけどね。

内容は、義母の加奈子(32歳)が義理の息子の崇(19歳)との関係がギクシャクしているっという感じから始まります。

何とか、母と認めて欲しい加奈子はいろいろなことを試みますが・・・全て空回りで、崇は逆に自分よりも叔母の頼子を頼り、心を開いていた。

そんな時、頼子に負けたくない、母として認めて欲しい、暖かい家庭を築きたいとスキンシップや会話をしようとする加奈子。

しかしその後・・・自分の下着がなくなっていることに気づく・・・初めは気のせいかなっと思っていたが・・・。

問い詰めると、逆上した崇に、関係を迫られ・・・。

力で敵わない加奈子はブラを外され、ボリュームたっぷりの巨乳がまろびでた時に、このままでは犯されると、手コキすることを決意する。

正直、夫は会社の経営難のせいで、精神的に追い詰められインポになっていた。

そこに、自分の下着にこれでもかと、見たこともないような量の精液を見て、嗅いで、微かに興奮してしまったことを自覚していた。

ここ数ヶ月抱いてもらってない・・・そこにこの強烈な匂いと、強引な責めに・・・女が疼く加奈子。

手コキ中も、脈動する巨根とカウパー液のヌルヌルさとカリの太さに、無意識に夫と比べ、匂いに大きさに、硬さに興奮する加奈子。

それを気取られまいと必死に手コキし、イカせる。

むちゃくちゃな形とはいえ、初めて息子に感謝され、喜んでくれたことに、心が躍る加奈子。

さらに崇がいなくなってから、先ほどの逞しい肉体に抱きすくめられたこと・・・巨根の震え、大きさや射精した精液の匂いや量を思い出し、自慰してしまう。

暖かい家庭を築きたい、普通の親子になりたい・・・そう思っているのに、ずっと抱かれていなかった分、先ほどの行為は欲求不満だった加奈子の肉体に火を付け・・・罪悪感を感じながらも指は止まらない。

この日から、加奈子、頼子、そして実母を巻き込んだ歪な関係とエロスが展開されていく。

まぁ、こんな感じです。

幼い頃に、母を失った(死んだわけではない)主人公は熟女好きになっており・・・。

嘘でも好き、大事っと言われると、心が弾んでしまう加奈子。

あれだけ、試行錯誤しても心を開いてくれなかった崇に肯定的な言葉をかけられ、それが嘘かもしれないと思いつつよろこんでしまう加奈子。

さらに、夫がインポでも性的な道具だけで満足していたはずなのに・・・一度、あの射精量と匂い、脈動感、大きさ、太さ、硬さを知ってしまうと・・・今までは機械や夫の指だけでも満足だったはずなのに・・・。

崇にバックで犯され、舌を突き出し、快感を貪る自分を想像し、オナニーしてしまう、加奈子。

さらに、床に堕ちた精液を自分から舐め取り、オネダリする自分を想像し・・・否定し、また想像し、快感に堕ちていく女。

そこを覗かれ、強引に犯されそうになるが・・・どうしても最後の一線だけは超えさられない・・・それをすればもう家族ではなくなる、せっかく結婚し、家庭を持ち、家族団らんの幸せな家庭を作る・・・その希望を壊したくない彼女はフェラで妥協してもらうが・・・。

いつのまにか69のポーズにされ、二人一緒にアクメし・・・。

数日後、必死に今までのことを忘れようとする加奈子・・・しかし、いつまでの崇の肉体と巨根の感覚を思い出してしまう。

そんな時にに頼子の家に行く前に再び、迫られる加奈子・・・しかし、その時に好きとか愛してるっといかいいつつ、頼子の家にいくクセにっとヤキモチを無意識にこぼしてしまう。

そこから、崩され・・・本当に愛してる、二人だけの秘密、言うことを聞かないと嫌いになる、全部大丈夫っと言いくるめられ・・・ディープキス、フェラ、イマラチオ・・・その後、さんざん愛撫されそしてSEX以外のことは何でもすると精液まみれの顔で約束させられる加奈子。

こんな感じで次は頼子さんの性的レッスンに続くが・・・加奈子で女の肉体を知った崇に徐々に押され始めて、はじめの余裕がなくなり・・・。

こんな感じでストーリーは続いていきます。

頼子に嫉妬してさらに本来の思い描いていた親子の関係ではないのに、そこに苦悶するが、なんだかんだSEXと言葉で強引に納得させられる加奈子さん、エロ可愛い!

家で待ってる間も、崇が違う女とSEXしてるかも、自分ならもっと過激なことにも付き合うし、そうして欲しいっ、自分だけを見て欲しいっと爆乳を曝け出し、鏡の前で悶える加奈子さん可愛いし、エロい!


その後は頼子のお膳立てで、実母(由利絵・39歳)に会うことに・・・。

そして、彼は・・・。


点数は85点

和姦と陵辱・・・その二つを見事に融和させた傑作。

誘惑系でもなく、陵辱ものでもない・・・その中間を見事に書ききった作品。

キャラが3人とも熟女なのに、崇の手で可愛く覚醒していき、SEXの喜びを思い出してからがエロ可愛いっ!

義息子、実息子に抱かれる複雑な感情・・・そしてその彼の巨根と卓越したテクに翻弄され、喜び、心が近くなっていく姿は最高にエロい!

誘惑系と陵辱系の架け橋になってくれそうな、両者とも満足できる作品です。

もっとこんな作品を書いて欲しい・・・今回のは表紙も最高にいいしね!

朝比奈 海先生カムバーーークっ!!

読んだらそう思えるでしょうw

アマゾン




DMM

【狂夜】 二人の母と叔母
  1. 2014/12/12(金) 23:08:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

淫獄島の妖蝶―少女怪盗の事件簿  市川 光紀

更新はむずいですね・・・飽き性には厳しいです。

しかし、負けないっ!

また古い本ですw

2002年の本ですね。

結構内容もB級を意識した話で面白いです。

あと、登場人物が市川 光紀先生の別の作品に出てきたりして、ファンサービスもおって嬉しいです。

世界的に有名な名探偵・神崎毬音・・・美少女で頭がキレ、人気は抜群(市川 光紀先生の作品にはよく出てくるキャラ)。

16歳にしながら、父の後を継ぎ探偵をしている(金持ち)

そんな彼女が久々で学園にきて、・・・生徒手帳を落としてしまう。

生徒手帳はチャックのついたポケットに入れており、絶対に落とさないようにしていた・・・それはつまり誰かが盗んだということ。

自分以外にもこの学園には特殊なスキルを持つ生徒がいる・・・毬音はワクワクしながら生徒手帳を見つめる。

まぁ、こんな感じで始まります。

ここでヒロインの三姉妹と姉妹のM奴隷で学園の先生をしている(理恵子・28歳でパイパン)が登場する。

彼女らは昔仲間に裏切られた白蝶党という義賊の生き残りで・・・白蝶党の最後のお宝は世界を変えるほどの何かがあるらしい。

白蝶党の最後のお宝を示した地図があるのだが、それらは彼女らが絶頂を感じた瞬間のみ肉体に浮き上がる。

そのことを知った赤蝶党の幹部は、3人を誘うある罠を仕掛ける。

何とか逃げ出す三姉妹・・・しかし、やはり仲間のために再び赤蝶党のアジトに潜入して、捕まってしまう。

そこで、肉体の地図を浮き上がらすための淫ら調教が始まる。

長身でグラマラスな肉体でボクっ子の長女・揚羽(色気むんむんなのに処女)

スレンダーで生意気だが、心根が優しい次女・響

最後は可憐で大人しそうなロリっ子・・・じつは男の娘である奈央(女として育てられた)

女にしか効かない媚薬を部屋全体で焚かれ・・・揚羽と響に甘いくダルイ倦怠感・・・腰周りには気だるく重く甘く痺れる感覚。

初めての感覚に戸惑うがそれが快感に変わり、そして媚薬に浸した蝶型の特殊なクリップを乳肉に挟まれる。

挟まれるたびに、もどかしく切ない快感が走る。

最後に、一番つまみやすい先端・・・乳首に蝶型クリップを挟まれ、腰を揺すり、胸を揺らしながらアクメする二人。

胸だけで絶頂した二人・・・そして、一度も触られていない処女の下半身を白蝶党の調教師に犯されてしまう。

二人共M字に開かれ、手マンであっさり絶頂。

勝手に腰が動いてしまい、乳肉が揺れて、クリップに挟まれた胸からも快感に挟まれ・・・より深いアクメへ。

二人共、どうか姉だけは、妹だけはと庇い合うが、結局二人同時に犯されて・・・調教師のテクに翻弄され、アクメ地獄へ。

三女の奈央(男)は媚薬漬けでさらに焦らされた女どもに襲われ・・・。

童貞の彼女は、ペニス以外の場所を散々舐められ吸われ、乳首や舌、アナルを吸われ、擦られ・・・でもペニスは愛撫されないので、射精できない焦れったい快感に翻弄にされる。

限界にきて、射精させて下さいっと頼むが・・・敵の幹部(自分の父や母を殺した)に犯される。

必死に抵抗するが、限界にきたペニスを触られ、擦られ、アナルでイった瞬間に射精して、気持ちよくなってしまう奈央。

このように媚薬と幹部たちに犯され、背中の秘宝への地図が少しずつ浮き上がっていく。

さらにはっきり浮かび上がらせるために、特殊な道具と機械、薬品で揚羽と響に男根を生やす。

3人を蝶の羽が生え、股間と胸のくり抜かれた衣装を着せられ、縛りられ、媚薬で満たされた部屋でずっと監禁される。

手でシコることも触ることもできず、まして誰も責めてこない状況で、媚薬の焚かれた空間に一晩中縛られた状態・・・必死に自我を保とうとする三人だが・・・最後は無様に腰を振り、快感を得ようと必死になる三人。

そこに響の調教していた女教師が入ってきて・・・。

今までの焦らしから無我夢中で女教師を犯しまくり、射精する三人。

イマラチオされ、三穴犯され、どろどろになっても必死に耐え、愛撫する女教師。

そこで、散々犯し、犯された3人・・・宝の地図は3人の背中にはっきり浮かび上がった。

まぁ、こんな感じです。

このあとはお宝を探しに、航海へ・・・船でも犯され・・・。

島に着くと、不思議な植物や見たことのない遺跡に、どんどん殺され、消えていく白蝶党のメンバー。

そして宝を見つけたっと思ったが・・・。

ここから獣姦・・・秘宝の秘密・・・毬音の再登場などなど。

結構の展開が目まぐるしいのに、エロい不思議な作品です。

面白い責めが結構出てきて、しかも内容(お宝ミステリー)もよくできてます。

キャラもよくたってます・・・まぁ、シチュや展開が多いので、激エロってほどではありませんが・・・。

エロライトノベルをより過激にした内容とお話です。

点数は75点。

読みやすく、話もおもしろく、キャラもたってる作品。

しかし、突き抜けたものはありませんが・・・バランスファイターって感じかな。

挿絵もエロい!











アマゾン





  1. 2014/12/09(火) 01:58:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ほんじょう 山羊 サムライ・凜は0勝7敗!?

前回に引き続き、超眠い。
しかし、でも一日一回更新・・・大好きなサイトに紹介されたし、ここで休むわけにはいかない。
みんなが呼んでる・・・いかなきゃっ!、だって僕は・・・戦士だからっ!!(意味不明)

また短めにあらすじと感想を・・・。

ほんじょう 山羊先生です・・・ご活躍はここ数年目覚しく、出してる本数も多いです。

内容は和姦系や陵辱系が多いですが・・・なかなかハードな責めが多いかな(立ち読みと、買った本の感じから)。
あと、いつも挿絵や表紙絵の先生に恵まれてます。
挿絵や表紙はかなりエロ可愛く書かれており、自分的にかなり評価が高いです。
内容がうまくても挿絵や表紙がイマイチな作品も多いなか、これは素敵なことです。

今回の作品の内容は10年ぶりに再会した幼馴染・・・しかし主人公は当時は男だと思っていた分、再会した彼女・・・凛は長髪の黒髪に整った容姿で美しくなり、さらに巨乳。

あまりの変わりように混乱する主人公・・・しかし、さらに凛は昔から通っている道場(今は主人公が使っている)を自分に譲るように言ってくる。
主人公の余りにも弱っちい性格、剣の腕にこの素晴らしい道場を持つ資格が無いっと言ってきて・・・。
そこで主人公の父が提案し、二人に一週間の勝負でどちらが道場に相応しいかの勝負をすることに・・・。
勝負な内容は二人が決めていいとのことで・・・。

まぁ、こんな感じです。
勝負に逃げる主人公に、凛(処女)は羞恥心を感じながらも、もし自分が負けたら自分の肉体を好きにしていいと提案。
根っからのドスケベな主人公はこれを承諾する(凛は一週間・・・7回の勝負に運やタイミングの悪さで全部負けてしまう)。

一日目は、処女を奪われ・・・痛みと快感を感じながら、巨乳をいじられ、膣をすき放題いじられ、何度も射精され犯され、悶絶。
二日目は人に見られるかもしれない状況で初フェラと巨乳を使ったパイズリとションベンをかけられ、アクメ寸前に。
三日目は浣腸され、その状態でバイブで栓をし、学園に二人で登校し、他の生徒に見られるかもしれない状況まで我慢させられ、トイレで主人公にアナルを見られながら屁をこきながら脱糞。
そのままアナルを犯されながら、膣内を手で愛撫され、アクメ地獄。
四日目は同級生たちが見ている前でミニ巫女装束をきて、ローターをつけ、主人公と勝負・・・主人公はひたすら逃げとローターの強弱をつけながら、快感と同級生たちに戦う動きが不審に思われ羞恥心を刺激され・・・。
まぁ、こんな感じで、勝負と肉体調教が進んでいきます。
焦らしや言葉責めし、肉体も精神も緩んだ隙に、真面目でお堅い凛にマンコクパァやオネダリさせ、欲しがらせるのは興奮しますね。
全ては勝負に勝つため、道場のためと言い訳しながら、焦らされSEXしたくなった状態で主人公に命令されオナニーし、主人公を求める姿をうまく表現しています。

あとは、夜の校舎で浣腸させられ、首輪をつけながら足を上げ、犬がするような形で学び舎でションベン。
トイレでワンワンっと言われ、アナル責めで主人公にアナル丸見え状態で脱糞。
鼻フックしながら犬用のさらに溜まった精液を四つん這いでえずきながら飲み干す。
精液べったりで犯され、中出し、精液まみれと四つん這い、首輪でそのままの状態で家まで散歩。
今までのことを思い出し、何も命令されてないのにオナニー。
マゾに調教された状態で、ネット中継(嘘)しながら愛用のしないですき放題、肉体を弄られ、焦らされ、連続でアナルも膣も犯され、最後は自ら跨り、騎乗位で淫語を吐きながら腰を振りアクメし、イマラチオで吐きそうにながらも、そのもどしそうな吐き気とペニスの感触に危なく妖しいエクスタシーを感じながらイキ・・・。
あとは妊娠SEX、腹ボテSEXとオネダリSEX・・・。
展開が多く、その一つ一つも過激でエロい。
凛の負けたくない気持ち、アブノーマルなSEXに馴染んでいく肉体への葛藤、気持ちよくてどうにでもしてってなって快楽を貪るエロさなどがよく書かれています。

さらに中の挿絵のうまさもと可愛さとエロさも注目。

点数は77点。

ほんじょう 山羊先生の初期作品で気合が入っているのがわかる作品。
ハードな和姦が好きな人にオススメ。
調教されていく中で、愛が芽生えていく二人とかが好きな人にもオススメ。


アマゾン



楽天

  1. 2014/12/08(月) 02:35:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砂戸増造 美少女・嗜虐

眠い・・・しかし、一日一回更新・・・人が・・・・・・人が来てなさすぎなこのBLOGを盛り上げるために・・・。

もう簡単にw

全228ページ。

普通くらいかな?昔の作品なので当時ならこのくらいが標準だった気がします。

内容は、美貌の秘書課のOL麻由子・・・彼女は通勤途中に事故にあい、医者の心得のある守山に一命を助けられる。

そこから二人は急接近し・・・。

処女を捧げ、一日3,4時間の愛撫でその後SEXし、中年のおっさんのようなネチッコくしつこいSEXに肉体を開花させ・・・。

さらに性的なことにウブな彼女は、変態的な下着やコスチュームでSEXする、ここまで執拗に愛撫されるのが、普通だと思い込まされ・・・急速に肉体が花瓶になり彼好みに開発されて教え込まれていく。

そして二人のために買ったマンションで、目隠し・縛りSEXでアクメまでイカされ・・・そんな時に、突然部屋から謎の女の声が・・・。

現れたのは彼の妻で・・・。

彼は根っからのサディストで・・・しかも結婚しており、麻由子を騙し肉体を調教していた。

そこからは優しい仮面を捨て、彼女のマゾヒズムを目覚めさせ、成長させていくように調教が始まる。

奴隷の作法を肉体に教え込み、精神も肉体も快感と命令で逆らえないように守山夫婦に調教されていく。

変態的な服、土下座、痛み、命令、快感、おしっこ見せ、ムチ、浣腸、脱糞、膣と陰核スパンキング、守山の妻の性器や足にキスなど。

さらに32歳なのに、少女のような肢体と顔を持つ葉子にもロリ系に激しい興奮を覚える夫婦の毒牙が・・・。

ロリータファションを着せられ、縛られ・・・。

夫婦をパパ、ママっという設定でビンタされ、愛撫され、命令され・・・パパ、ママごめんなさいを連発。

さらにスワッピング、パパとママのSEXを娘である葉子が見ている・・・という設定でSEX。

そして夫婦に調教された葉子の夫であるマゾも現れ・・・。

ダブル調教・・・。

などなど・・・。

展開が早く、これからも様々なシチュが出てきて、夫婦に快感と痛みで翻弄され言うことを聞くように調教されていきます。

点数は77点。

展開が目まぐるしく動き回り、登場人物が増えまくり、そして変態的なシチュもどんどん増えていく、それをこのページでまとめる手腕はさすがです。

確かにすぐに次から次に新しい相手が出てきてすぐにSEXや調教は終わりますが・・・新しいシチュが次から次に出てきて
キャラも変わりますから、新しさと興奮が次から次に現れていくので結構興奮します。

SとMを自覚している人には結構オススメ・・・あと、こういった変態的なシチュに興奮する人にはさらにオススメ。

血も傷も腫れ、内出血も結構出てきます・・・さらに兄弟、近親相姦、レズ、複数、美少女・美女・少年・青年マゾ計画、継母、歪んだ愛、倒錯した表現・・・などなど。


先生の作品の中で、これが一番好きかな?

今でも興奮できる、良作です。

正統派SM小説です。

今でもこういった正統派SM(ファンタジーなシチュ・触手や特殊な機械・ナノマシンで改造なし)で書いてくれ、ここまで精神と肉体をマゾに仕立て上げて、「人間」というものを表現してくれるのは、鳥山仁先生くらいでしょうか?





アマゾン



  1. 2014/12/07(日) 01:56:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ブロークンディーヴァ エロティック・ミックスファイト メリーナin百合桃技場

3D漫画です。

女子プロレスに総合格闘技を加えた感じかな・・・この辺はいまいち詳しくなくてすいません。

技とかたぶん元になったファイターとかいるんでしょうけど・・・全くわからん。

ま、エロければ何でもいい男ですからw

正直、あまり有名なサークルではありません・・・でもHPもかなり気合が入っており内容も充実しており、楽しめます。

この作品も200ページとなかなか気合が入った作品です。

内容は大会参加前夜に陵辱されたメリーナ(l狂犬と呼ばれるほど強く、気の強うなファイターって感じがよく出ています)・・・身体は洗ったが、アナルストッパーはどうしても外れない。

過激な衣装に着替えさせられ、試合に臨むと・・・試合会場は百合でレズだらけ・・・。

強く、過激で、残虐で、美しいメリーナのファンやその恥辱に溢れる姿が見たい女ばかりの会場。

そこで戦う相手は、自分のファンであるターニャとシンディ。

実力では負けるはずがないが・・・。

圧倒的な強さで勝ってきたメリーナだが・・・あと少しのところで、昨日からのアナルストッパーのせいで腹痛に・・・。

そこから逆転され、腹を集中で攻撃され、便意との戦い・・・。

そして身体を拘束され、媚薬を打たれ、大股開きにされ、ますますトイレに行きたくなってしまう。

このあたりの強い女が自分にも他人にも負けそうになる感じが、アクロバティックな動きと大胆な構図でよく書かれていて、興奮しますね。

最後は電気アンマで漏らしてしまうメリーナ。

強烈な辱めに、ブチギレ、善戦するが・・・股間責め、膝裏で陰核、股間責め。

お尻と胸にふたりがかりで抱きしめられ、乳首とアナル責め。

媚薬とアナルストッパーのせいで、異常な興奮に背筋がビリビリ痺れ感じてしまうメリーナ。

このあたりの心理描写や責めがエロくうまく書かれており、絵でメリーナの心の声でそこがよく伝わってきます。

頭と足を逆にされ、拘束され、アナルと膣に最新の改造バイブで二穴責め・・・潮を吹くほど感じさせられ、ふたりにバカにされても気がつかないほど絶頂してしまう。

そこからへそや口に舌や指が侵入してきても噛むことすらできないほど快感に支配されてしまうメリーナ。

もう自分の肉体を自分の意思で制御できないほど・・・。

このあたりの彼女の葛藤と快楽に飲み込まれたい、でもプライドと屈辱が・・・この削り合いが見事に表現されています。

もう抵抗できなくて、手まんで潮吹き、胸で愛撫だけで感じてしまう、そしてアナルと膣に二つの舌が・・・。

そこからは逆に焦らし地獄・・・何度も焦らされ、女のツボを知り尽くした愛撫にもう逆にオネダリしてプライドも何もかも捨てそうになった時に、二人はディルドをつけて、股間とアナルにこすりつけてくる。

最新型のディルドで膣と陰核、Gスポットを如何に上手く責められるように改造されたか、これでどれだけの女が信じられないほどの快楽を味わったか・・・耳元で聞かされ疼いてしまうメリーナ。

そして・・・。

まぁ、こんな感じです。

この手のには結構興味がありましたが、動きが不自然だったり、展開がどうも好きじゃなかったりして、手を出さなかったですが・・・これはいいですね。

気もおっぱいも大きく、喧嘩も強く、気高い格闘家・メリーナを痛み付け、潮吹きさせ、犯しまくり、快楽に負けていく姿がとてもエロく漫画で表現されています。

この作者は同人のクリムゾン先生的な意味でエロスがわかってるw

点数は77点。

次回作もぜひ買いたいと思う、作品でしたね。


DL

エロティック・ミックスファイト メリーナin百合桃技場


DMM

エロティック・ミックスファイト メリーナin百合桃技場
  1. 2014/12/05(金) 23:15:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

墜落人生 ~清楚お嬢様のヤクキメタコ部屋売春ライフ~

同人ゲーです。

相変わらず、レベル高いCGだなぁ~。

ここのはいつも内容もさることながら、CGは素晴らしいです。

今回もメメ50先生で、エロ漫画で有名な先生を引っ張ってきてくれてます。

内容は今回もハードエロス。

しかも内容もきちんとあります。

皆さんは火垂るの墓って映画を知ってますか?

これも同じような感じです。

全然違うと思うっという人ばかりだと思いますが・・・社会ときちんと関係を結んでいる両親や家族・兄弟・友達の保護や関係性がなくなるとこうなっ

てしまうっという結末です。

というか、媚薬とかリリスとかの脳改造とか、触手とかそういったのは結構大丈夫で好きなんですが、ヤクとか麻薬とかコカインとか、リアルにあるものは

何か好きになれません。

たぶん偽善者なんでしょう、割り切って遊ぶには少し集中力がいります。

前に紹介した  ぐじら4ごう   キメセクに敗けた娼年  でも少し思いましたが、薬でもヤク中とかキメセクは何かリアルというか現実感があるからか、

何かあんまり好きになれませんね。

この墜落人生~清楚お嬢様のヤクキメタコ部屋売春ライフ~では終わると、ヒロインたちがお喋りして、今から出るこれ関連の商品とか宣伝してく

れるんですが、何かキツイw

特に今回は注射のあとがめちゃめちゃついた腕のアップとか・・・いんのか?あれ?っていうのが苦手ですね。

日常の世界(学校・家族・部活・勉強・両親)などを快楽とヤクとSEXで捨て、むしろこういった快楽を知らせなかった、教えなかったことに怒るくらい

です。

そして今付き合っている彼氏達を悪く言うなんてひどいっと心配してくれてる人たちに逆ギレ。

さらに薬がキレたりすると、親友二人同士で殴り合いの喧嘩になりますw

っとまぁ、苦手な面とか嫌いな面とか書きましたが、そういった感情を抜きにすると、なかなかいい作品です。

もしプロローグの彼女らを絵本のような登場キャラだとすれば、可愛らしいがまさに絵のようなキャラ。

堕ちていく姿はエロく、元の世界(安全な世界・絵本の世界)に戻ろうと拒否するが結局快楽に流されていく二人は、生々しくエロい!

まず通常時の綺麗で可愛らしい絵とキャラ・・・ヒロイン二人 真由美(爆乳)・藍子(巨乳)。

まさに親友で仲がよく、お互いを補助しあっている関係。

家も金持ちで容姿もスタイルも良く、将来を約束されたような二人。

しかし・・・真由美にちょっとは世間の遊びを教えてあげようと、繁華街にいったことで歯車が狂いだす。

そこでたまたま二人が知り合ったのが二人の好みにどストライクだった。

ついナンパに付いていってしまう二人。

そこで、カラオケにいって酒を飲み・・・軽く愛撫されながら徐々に距離を近づけられ・・・。

将来を約束すると嘘をつかれ、そのままSEX。

処女の彼女は痛みに耐えるが・・・そこで痛みをなくす薬と偽られ、ディープキスで薬を飲まされる。

そこから酒と薬のせいで強烈な快感に変わり、処女だったのに初体験で絶頂しまくり。

アへって意識を失っているところを撮影され、ビッチ呼ばわりされ、笑われているとも知らずに。

後日、会ってまもない男とSEXしたことに後悔と良心の呵責を感じ、両親にも世間にも申し訳ないっと思うが・・・。

薬をキメながらのSEXに今まで味わったことのない快感、逞しい男にしがみつき、腰を振り、キスをする充実感・幸福感に
戸惑う真由美。

そんな時に、彼らが学園の前で待ち伏せおり・・・。

もう会わない方がいい・・・そう思う真由美。

しかし、ナンパ師の彼は、 君みたいな子は初めて 本気で好きだ  好きって言ってくれたじゃん こんなに可愛い子に好
きって言われて嬉しかった 身体の相性も抜群 

そして、最後の切り札の これきりでもう会わない、君の迷惑にはなりたくないっとの一言に、後一回だけにOKしてしまう。

ラブホでひと部屋で男ふたりにフェラしあい、言葉責めされ、昨日のことを思い出し、感じてしまう二人。

男に褒められ、淫語責めされ、どんどん過激なフェラになっていく・・・。

そこにまた気持ちよくなる、安全な薬と言われ、注射され・・・。

強烈な快感に頭が支配され、男言われるがまま、バキュームフェラで変顔で頬をすぼめ、舌でカリを責め、亀頭に舌を絡める。

先程までの遠慮や恥じらいは快感の渦に飲まれていく。

フェラされ、ぶっかれられた状態でダブルピース撮影。

そして、バックでキングベッドでアナル丸出し状態で男を膣でくわえ込む二人。

自分から淫語連発、男に媚売る発言連発で、自分も男も興奮させていく。

逞しい巨根二本にシーツがめちゃめちゃになるほど、掴み、腰を降る二人。

さらにその状態で尻を何度も叩かれ興奮してしまう自分に、マゾ的な快感まで覚えてしまう。

こんな最低な状態で、最低に扱われているのに感じてしまう自分に驚愕しながらも、人生で一番深い快感を覚えてしまう真由美と藍子。

その後も諦めきれないっといい、また学園にきた男に・・・なんだかんだ説得され・・・付き合うことに(騙されてます)。

真由美は本気だが、ナンパ男はそうではなくセフレ、性欲便所扱いにしようと考えている状態。

でも付き合えたことを藍子には嬉しそうに相談してしまう真由美。

ここからどんどん転落、快感堕ちしていきます。

基準がどんどん気持ちいいか?、気持ちよくないか?付き合ってる男が喜ぶか?喜ばないか?

この基準だけで物事を判断し出す二人。

毎日学園が終わると、ラブホでキメセク。

あいさつフェラからバキュームフェラ、ダブルピースにまた薬SEX。

一度、あまりの恋人とSEXと薬にのめり込みに恐怖した真由美と藍子は、会う頻度を減らすか、別れるかしようとするが・・・。

ちょっとプレゼントされ、おだてられると、断れない二人。

そして気化型の吸引するタイプのシャブにまで、誘われ・・・SEX。

逞しく、かっこいい男に抱かれているという優越感、充実感、幸福感。
そんな男が自分でここまで勃ったせている、射精しているという優越感。
好きな相手に命令され、撫でられ、好きっと言われ、感謝され、愛撫され、SEXする快感。
薬と男への依存。

そこから破滅があるとなんとなくわかっているのに・・・やめらえない二人。

プリクラ内で、マンコ丸出し状態でVの字状態で足を持たれSEXしながらプリクラ。

二人はそのうち、金を家から持ち出し、金がない・俺のためにっと風俗店で放課後働き始める。

日常から離れていく恐怖もあるが・・・別れたくない、あの人を支えられるのは自分だけっ・薬を持っているのも彼らだけ・・・家から金をとる真由美・

風俗店で働く藍子。

家族の心配や心遣いもうざくなり、逆に自分を束縛するものっと、逆ギレし、ナンパ男の元へいく二人。

そこでは二人の未来のため・今どうしても金がいるっとの男の頼みで、男の家で売春する真由美。

男に見られるためのミニのチアリーディングも衣装で、男にバイブと注射で絶頂し、さらにアナルパールとバイブで潮吹きし、快感を貪る。

ナンパ男のために毎日客をとり、キメセクしアクメし、卑猥な衣装で男を誘い、また薬を吸う。

破滅に向かっている、男が帰ってこいない寂しさ、あとは単に快感から薬とSEXにのめり込む真由美。

客相手に騎乗位で性器まるだしのガニ股で淫語を吐きながら、その爆乳を揺らし、男を誘う。

客からも真由美の評判はよくエロいっと評判。

藍子のほうも放課後風俗店で働いていたが・・・妊娠してしまう。

そこで、真由美の男に相談するが・・・自分のことを本気で心配してくれる、大事にしてくれていると誘導された藍子は寂しさや孤独感・・・そして

止めの真由美よりもいい女だと言われ、優越感からSEXしてしまう。

あの真由美よりもいい女、女としての優越感を感じながら、ベロちゅうしながら正常位で子宮口まで巨根で責められると・・・たまらない快感を感じ

てしまい。大好きホールドしながら射精を促してしまう藍子。

そして、彼女も真由美と同じ家で売春することに・・・。

どこまで堕ちいき、ヤクザあいてに薬が欲しく全裸土下座、今までの行為で両親や家族を裏切った行為、SEXするために売春して、薬がほしく売

春して、変態SEXの虜になったことを告白し・・・。

そのまま薬を打たれ、輪姦・・・もはや薬さえ打たれれば誰が相手でも感じてしまう肉体へ・・・。

首絞めSEX、乳首ピアス、嘔吐、ションベン、なんでも来い状態。

そして二人共妊娠。

捨てられる二人・・・薬がきれ、震えで歯がカチカチなり、睡眠がとれない、キレやすくなり、喧嘩が多くなる真由美と藍子。

そして、真由美がいない隙に藍子が真由美の財布から金を盗もうとして大喧嘩。

どこまでも堕ちていく。

まぁ、こんな感じです。

このあとも、別れた真由美と藍子は・・・黒人相手に妊娠3P、公衆便所で全裸客取り、そして・・・・・・。

点数は80点

これはなかなかな作品です。

いつもエロありきのシナリオで、シナリオありきのエロでは好きじゃないっと思っていますが、これはそのエロとシナリオを融合させてます。
具体的にいうと、エロシーンばかりなのに、シナリオがある・・・これは簡単ではありません。
エロシーンばかりなのに、キャラがたってるのもなかなかありません。

もしこれがテーマが薬じゃなくて、触手やモンスターなら88点はいってましたね。
しかしなかなかの作品です。

一歩間違えたらこうなる・・・人はよく良くも悪くも階級や線引きが好きです。

線を引くと安心するのが人間です。

犯罪者を見ると、どうしてこんなことをするのか理解できないっ、あいつは頭がおかしいっ、被害者が可哀想っ、そう言い自分たちとは価値観が違う、生きてる世界が違うっと線を引きこちらは正常・向こうは異常っと線引きします。

そして、安心します。

おれは通常の側に居るっと。

それは当たり前でそこで安心していいんでしょうけど、でも俺も一歩間違えたらそうなるっとは考えません。

明日にはそうなっているかもしれません。

そういう時、昔の人は魔が差した、運が悪かったっと天と魔の性にします。

そういう自分にはどうしょうもないことが起きた時にどう感じるか・・・その時にどう思うか・・・振り返るとわかるんです、あの時そうすればよかったとかあぁすればよかったとか、でもそのときはそれがベストだと思ったのです。

人は出会う人間、タイミング、人間関係、家族関係、友達関係そういったものの中で生きていて、ひとつの選択肢が重大なミスを引き起こす可能性があります。

今回の彼女たちもたった一つ、彼らについていなければそれで大丈夫だった(普段は付いていっていない)。

このゲームに選択肢は一つもありません、そこらへんが皮肉がきいてておもしろい。

後、藍子のほうは陥没乳首みたいにかいてるけど、実際のシナリオではそんなに触れてなくね?
そこをもっと強調したシナリオ書いてほしかったな・・・好みだったから。

でもピンポイントはいい感じに、いい作品を出してくれますね。

シナリオもそこそこでエロい・・・特にシナリオライターのOZ先生は淫語の使い方や言葉責めがうまい。
一番ヘッドホン漏れの怖いのがこのピンポイントのゲームですねw

淫語が半端ないからなぁw

今回は特にヒロインがお嬢様だったから、上品な言葉遣いのはじめと、後半の淫語爆発のとくにその落差がよかったね。


DL

墜落人生~清楚お嬢様のヤクキメタコ部屋売春ライフ~


DMM

墜落人生~清楚お嬢様のヤクキメタコ部屋売春ライフ~

  1. 2014/12/04(木) 22:22:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨乃 伊織 継母が美しすぎて

一日一回の更新・・・ムズすぎワロタw

でも何とかまた一日一回の更新に戻したい!

ではまた感想を・・・。

今回紹介する小説ははS向けの小説です。

罠に嵌める時にも女には手加減なし!やりすぎじゃあ・・・女めちゃ泣いてるし、バッドエンドしかないし・・・。

これぞSって感じの作品です。

内容は冒頭からきついです。

美しい若妻・美緒が出産したところから始まります・・・普通なら幸せなシーンですが・・・ここからすでにドSな展開です。

そこから過去に回想・・・貿易商の浩利(41歳)は飛行機に乗ってる時にキャビンアテンダントの美緒に一目惚れ。

しかも、風邪気味の浩利に彼女は細やかな気遣いを見せ、そんな所も魅力的に感じ、飛行機を降りた際に必死にアプローチして連絡先を聞き出す浩利。

そして何度も何度もアップローチし、デートを重ね・・・結婚する。

初めは愛妻が残した娘・明日香も新しい妻・美緒を毛嫌いしていたが・・・美緒の美しさや優しさに明日香もなつき始める。

そして、美緒は料理や掃除もうまく・・・夜の時も恥ずかしがるその姿・・・特にその巨乳(93センチ)と乳輪の大きさにコンプレックスがあり、その恥ずかしがる姿が浩利は好きだった。

そうやって言葉責めや無理やりM字開脚させクンニさせると・・・奥手な彼女は恥ずかしがるが、濡れやすくなることからマゾの気があることを確信していた。

そのうち、イマラチオやアナルとかも教え込もう・・・そう考えながらSEXしフェラチオや正常位でイク、浩利。

全て、順風満帆だが・・・。

そんな時に、明日香と美緒はふたりきりで旅行に行く計画を立てる・・・準備し素敵なペンションで楽しむふたり。

しかし、そんな二人を見る怪しい集団が・・・。

岸本と鷺巣、そして黒人のエディとボブは双眼鏡で、開放的にはしゃぐ二人を見て、二人の肉体の鑑賞をする。

岸本と鷺巣は医者としての腕はいいが・・・すけこましで評判は最悪だった・・・そんな二人の類友のボブとエディも絶倫で
頭はいいが、性格は最低だった。

4人は依頼主からの資料で、二人の性格や顔、素性まで全て調べあげられた資料を確認し・・・。

普通ならここで二人のペンションにいって、4人で犯される・・・ってのがいつものパターンですが・・・ここからの展開は結構捻っています。

岸本と鷺巣がまず人目のない夜に、覆面をし、二人のいるペンションにいき・・・脅迫する。

ここまでは普通ですが・・・美緒は義娘の明日香に手を出さないように言い、必死に覆面男達のいうことをきき・・・。

自分の口からスリーサイズを言うように強要され、さらに自ら下着を脱ぎ・・・娘からすら羨望の眼差しのHカップとムッチリした下半身をさらけ出す。

撮影されながら、自分から性器を丸出しにし、 欲求不満の人妻がメス犬のようにチンポペロペロしゃぶります  宣言させられる。


そして彼女だけ、別室へ連れて行かれ・・・。

そこでイマラチオしている間に、麻酔で眠らされてしまう。


そこに黒人のエディとボブが裏から入ってきて・・・。

眠らされている彼女を愛撫し・・・大陰唇や小陰唇、陰核などの卑猥さ、美しさ、大きさなどの感想や揶揄される。

ローションを使い、挿入し、中出ししまくり、そこをドアップで撮影。

そして医者の岸本と鷺巣が膣内を丁寧に洗う。

彼らは依頼主から彼女の危ない日を聞かされており・・・今日が危ない日だと知っていた。

そして退散する黒人達。

残った二人は・・・娘を・・・。

翌日、シャワーに入れられ・・・普通に洗っていたが、浴室では四つん這いにされ、浣腸器で・・・。

娘にカメラを持たせ撮影させながら、アナル丸出しの状態で・・・泣きながらも、必死に耐えるが・・・。

肉付きのいいヒップをくねらせ、シワの寄ったアナルのヒクヒクと開け閉め具合も全て撮影されており、最後は泣きながらも脱糞させられる。

その糞の後始末も明日香やられ・・・全てを打ち砕かれ、泣く美緒。

その後もアナルの腫れ具合をひかせるっとクリームを娘に塗らながらも、命令で明日香の指がアナルに入れられる。

さらに、覆面強盗二人にフェラしながら手コキ、夫にもしたことのないパイズリ・・・。

フェラもバキュームの仕方、玉舐めなど、夫にもしたことのないやり方を強要され、覚えさせられてしまう。

一度射精しても衰えない二人・・・膣を犯されそうになるが、危険日なので必死に抵抗し(昨日睡眠姦で黒人に犯されている)、アナルを犯されてしまう美緒。

その後二人は解放され、二人は自殺しそうなほど追い詰められ、家に帰る。

帰りの車で事故りそうなほど、むしろ事故りたいくらいに・・・。

まぁ、こんな感じです。

その後強盗二人とは知らずに二人のいる病院で二人共検査され、来週また来ると脅され・・・。

妊娠の恐怖から、夫に必死に中出しされイキまくる美緒。

先に夫の子を妊娠し、覆面たちの男たちから中出しされる前になんとしても・・・そう思い、毎日夫との情事に励む美緒。

警察や夫にも相談したい・・・しかし、自分の脱糞シーンやアナル姦、娘の犯されているシーン、美緒のストリップ、欲求不満で犬のように犯してくださいとの告白・・・全てがネットに流れる恐怖からどうしても言えない。

解決策はなく、責めて夫の子を妊娠したい・・・そう思う美緒。

その後、家に来た覆面仲間の黒人二人に膣とアナルの2穴責め、串刺し。

昔のCAの服を着せられ、2穴犯され、暴力的な雰囲気と翻弄される女からの色気と男と女との発情した匂い・・・その雰囲気にあてられながら、撮影する娘。

そうやって、犯され、開発され・・・妊娠し、夫にフェラする毎日。

安定期に入り、セックスしても大丈夫と、医者に言われていても・・・夫は胎児のためにしない。

強制的に開発された美緒は、夫への愛を感じながらも、それでは満足できず・・・でも、黒人や岸本・鷺巣のことを思い浮かび、自己嫌悪で自分からSEXしようとは言えない。

道具で我慢する毎日・・・しかし自慰していると思い浮かぶのが夫のことなのに、最後には黒人に変わっていく。

困惑しながらもお腹の子は成長し・・・。

安定期に入ったことを知った黒人たちは、再び美緒のところへ訪れる。

Hカップから妊娠しJカップにまで成長した爆乳、7センチにも達する乳輪や全体的に黒ずんだ色やもじゃもじゃのアンダーヘアも笑われ、それらも全て撮影され・・・。

大きなお腹の状態でイマラチオ、パイズリ・・・悔しいのに感じてしまう彼女はJカップの乳から乳を出してしまう。

そしてその時にあるビデオを見せられ、絶叫する美緒。

危険日に目の前の男に犯され、妊娠している可能性があること、お腹の子は夫のこではないかもしれないことを知る。

必死に抵抗するが・・・。

そして最後は・・・。

かなりハードでエロい作品です。

それに最後の展開は全くわからなかったです。

ヒントがうまくさりげなく書かれていたのですが、今回のラストは読めませんでした。

陵辱・調教をよく散りばめられ、さらに捻られた作品。

さすがの作品です。

まさにタイトル通り、継母が美しすぎて・・・ぴったりな作品。

この小説はエロさとシナリオのバランスが悪い・・・エロシーンばかりなのに、キャラもたっており、シナリオもうまい・・・こういった作品は呼んできてかなり珍しいです。

点数は80点。

調教、寝取られ、妊婦SEX、輪姦、アナル、撮影SEX・・・そんな単語に反応する方は特にオススメ。





AMAZON




楽天

  1. 2014/12/04(木) 17:54:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。