FC2ブログ

官能小説感想文

このブログは官能小説の感想を書くBLOGです。 一応18歳未満の方は見るのをご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

但馬庸太 美母と義姉と侵姦犯

但馬庸太 先生の作品です。

同じようなタイトルの作品で 美母と叔母と相姦犯 があります(表紙もちょっと似ているのが困ります)。

この 美母と義姉と侵姦犯 も過去の作品 美母と叔母と相姦犯 もどちらも素晴らしい作品で、クオリティは高いです。
どちらもオススメ(内容は別に続きものではありません)。

内容は、いやらし過ぎる肉体を持つ母・瑛子(38歳)・・・その私生活は隙が多く、バスタオル一枚でリビングでうろつき、夏はきわどい格好で家にいる。

本人にはその気がなくとも、その肉体から溢れ出る色気に息子の泰臣は悶々っとしっぱなしだった。

特に、義父が事故で死んでから母も自分の前から突然いなくなるのでは?っと思い不安になり、瑛子に執着していた。

バスタオル一枚で部屋に行く、彼女をこっそりつけ、覗く主人公・・・その想像以上のグラマラスな体型に声が出そうになるほど・・・。

抜群のプロポーションとくびれ、そしてそのFカップの巨乳と巨尻・・・38歳とは思えないほどのその肢体に釘付けになる主人公。

そして、下着とブラを盗み、それを嗅いでいた時に、それだバレてしまい・・・。

激しく非難され、親子の縁を切られそうになった彼は、イチかバチか逆ギレで、そんな格好でうろつくのが悪い、嫌わてもいいから愛してるっといい抱きしめる。

めちゃめちゃな反論に抵抗する瑛子だが、体格差で強引で犯されそうになり・・・犯されるくらいならっと、口でするからっと彼を諌める。

困惑しながらも、部屋で息子の巨根をシゴく瑛子・・・夫がなくなり4年間、性的なものから遠ざかっていた分、ギコチナイ手つき・・・しかも、その巨根に死んだ夫と無意識に比べてしまう。

口を大きく開け、鼻の下を思いっきり伸ばし、ひょっとこのような顔をバカにされながら、必死フェラする。

その状態で言葉責めと生乳を揉まれ、妖しい疼きが全身を駆け巡る。

自分の反応に信じら得ない瑛子・・・そして射精され、そのまま飲むように指示され・・・素直に飲んでしまう。

行為が終わり、泰臣が去った後、濡れていた自分に驚愕する瑛子。

そして次の日、罪悪感と情けなさと屈辱で胸が一杯の彼女・・・翻訳の仕事の打ち合わせでどうしても出かけないといけないが、本当は休みたいほどダメージを受けていた。

そうやって日常が過ぎ・・・その日も主人公の義姉である由梨が大学の研究のせいで帰れないこと知り、夜に瑛子の部屋に侵入する。

瑛子は、昨日のフェラで屈辱を感じたが久しぶりに、男を感じ、無意識に頬張ったペニスの脈動を思い出していた。

そして、下半身に手が伸びた時に、彼が侵入してきた。

あれは昨日だけの約束っと抵抗する瑛子だが、強引にイマラチオされ、太ももと太ももの間に身体を入れられ、逃げられなくなり、ダイレクトに股間と巨乳を責められる瑛子。

パジャマの上から、その巨乳を揉まれ、持ち上げ揺さぶられ、久々に他人に押し付けられた快感に喘ぐ瑛子。

さらに10円玉サイズの乳暈とその中心の突起を擦られ、伸ばされ、引っ掻かれ・・・背筋を反らし感じてしまう。

肉体の反応に戸惑うが、快感はどんどん大きくなっていき・・・快感に翻弄されている隙に、体制をかえ69の体制に・・・。

必死に抵抗するがギッチり腰を掴まれ、逃げられず、パジャマと下着を脱がされ、クンニと指で好き勝手に弄られていく。

大陰唇と小陰唇の大きさと伸び具合、陰核の大きさと愛液の量を言葉責めで実況され、羞恥心で真っ赤になり、抵抗するが・・・。

どんどん熱くなり、下半身の奥の奥が疼き出す。

そして、ついに生でSEX・・・あまりの圧迫感と息子に犯されたことに戸惑う瑛子。

しかし、正常位で動かれ、膣の手前と奥をノックされると、だんだん感じて、巨根を締め付けてしまう。

そのまま、ピストン運動された状態で頭の左右を抑えられ、ディープキス。

上も下も蹂躙されたまま、中出しされてしまう瑛子。

絶望感が身を包み、翌日の早朝必要なものだけもって家から逃げようとするが・・・。

娘の由梨が次の標的になるかもしれないっと思うと、行動に起こせない。

そして、家に由梨が帰ってきてからも、寝室にいると泰臣がきて・・・。

彼をおもいっきりビンタし、強い抵抗と脅迫をするが・・・泰臣にはそれがハッタリであると見抜き、瑛子自身のパジャマと下着を中途半端に腕の所で絡ませ、そのままその巨乳をすき放題に揉み、挟み、吸い付く。

面白いように形を変え、反応し、先端がとがっていく巨乳・・・彼の指や舌が蠢くたびに、甘い快感が背筋を走り抜ける。

この巨乳を会社でも翻訳仲間も視姦してる、想像してるんだよっと言葉責めで混乱しながらも、そうかもしれないっと思ってしまう瑛子。

彼の話術に引き込まれそうになった瑛子は彼を足蹴にし、逃げようとするが、ギリギリのところで捕まってしまう。

そのまま、下も脱がされ、濡れて感じていたことを笑われてしまう。

屈辱と羞恥心で真っ赤になるが、そのまま陰核と膣内を同時責めされ・・・。

快感にプライドや理性が揺さぶられていると、死んだ夫の写真の前で手マンされ・・・。

微笑む夫の前でアクメし、心地よい痺れと罪悪感と痙攣に、思考が停止しそうになる。

朦朧としたところを全裸で部屋から連れ出され、そのまま風呂に行かされる。

そこでボディソープを塗りたくられ、全身で泰臣に奉仕。

抵抗するが先ほどの愛撫とアクメ、さらに抵抗すれば由梨に手を出すかもっと言われ従う瑛子。

ボディソープを万遍なく塗られ・・・再び身体が発情し、興奮していくことに戸惑う瑛子。

しかも、その状態で全身を擦り、彼の逞しい胸板や足、尻や巨根に何度もこすりつける。

気持ちいいが、決定的な刺激はない、その状態にもどかしさと切なさを感じ、気がつけば巨根を見てしまう。

その状態でパイズリ・・・どんどん高ぶる肉体と、小さな空間にいやらしい空気が充満していく。

そして対面座位の状態で犯され・・・圧迫感しか感じなかったのに、今はもう襞をめくられ、奥を突かれ、強弱をつけ、腰を振られると、強烈な快感が走り抜ける。

息子相手に感じてはいけない、夫の姿を思い浮かべ必死に耐えるが・・・快感でどんどん塗りつぶされ、ディープキスされ、何度も突かれながら気持ちいいか聞かれ・・・ついに認めてしまい、自分から我慢できず腰を振り出してしまう瑛子。

巨乳を舐められ、奥を突かれ、潮吹きし、アクメする瑛子。

その日から、毎日SEX漬けの毎日、屈辱的な体制も愛撫され、アクメすると簡単にとってしまうようになる瑛子。

最後には自ら淫語を吐き、潮吹きし、アクメする瑛子・・・そんな二人の関係が由梨にバレてしまう。

彼女はのぞき見し、それが泰臣にバレて・・・。

母が出て行くかも知れない、姉にも秘密を共有しなければと考えた主人公は、彼女の部屋で縛り、クンニし・・・それだけで感じてしまう由梨。

そして、交換条件でもし、ローター責めに10分耐えたら、母との関係を断つと宣言するが・・・。

初めてのローターの快感に、あっけなくアクメする由梨。

そのまま何度も何度もローターでアクメされ、そのまま指も使われ、Gスポット責め、連続絶頂に潮吹きしてしまう。

そして、ついに、処女をその巨根で奪われてしまう。

翌日逃げようとする彼女にフェラ。

スパンキングして、イマラチオ。

対面座位と後背位で犯され・・・乱暴に扱われるのに、感じていく自分に恐怖する。

その後、意識が朦朧としたところを、キスと愛してる宣言する泰臣。

戸惑う彼女に、Dカップの美乳を舌で愛撫しながら手マンでアクメさせ、・・・肉体も心も彼にメロメロにさせる。

その現場を見た瑛子は、自分だけが犠牲になるから、由梨には手を出さないようにいうが・・・。

電マを使ったゲームで絶頂しなければ、言うことを聞くっと約束する泰臣・・・それをのむ瑛子だが。

電マを使われたことのない彼女、泰臣に開発された肉体は敏感になり、あっけなくアクメし・・・。

罰で四つん這いで固定され、娘の前で犯される瑛子・・・スパンキングされ、情けない姿を娘に見られ、そして犯されてしまう。

アクメする寸前で抜かれ、そのまま由梨に挿入し・・・。

瑛子は電マを使われるが・・・しかし、アクメ寸前で電マも止められ・・・。

その横では由梨はバックで犯され、甘い声を上げ、快感を貪っていた。

そのいやらしい姿に、羨ましさを感じてしまう瑛子。

犯された状態でさらに電マを使われ、強烈な刺激に痙攣し、膣を収縮しながらアクメする由梨。

そのまま気絶し、・・・その姿をみた瑛子はオネダリしたら入れてやると言われ・・・。

焦らされ、切なく疼き、限界だった瑛子は、自分からチンポ欲しいっと宣言。

そしてローションを使われ、両手でアナルと膣のダブル責め。

アナルでも感じていく自分に困惑しながらも、快感に流されていく瑛子。

その後、アナルSEXで絶頂・・・子宮を裏から突かれ、その快感に潮吹きし、痙攣し絶頂する瑛子。

全てが終わり・・・次の日は新しい家族の誕生記念で二人共パイパンに・・・。

パイパンの状態で双頭ディルドで母と娘とSEXさせ、先にイった方とSEX。

次はダブルフェラ。

さらに瑛子は、再びアナルを犯され・・・由梨にキスされながら、相手は息子・・・しかもアナル・・・二つの禁忌を破っているはずなのに、どんどん気持ちよくなり、口も熱くなり・・・。

理性を捨て、もっと激しく犯してっ、もっと擦ってっと絶叫し・・・アクメする瑛子。


まぁ、こんな感じです。

点数は82点


マゾの性癖も開花させながら、常識を失わない瑛子さんに激しく興奮します。

こういった行為はタブーでダメだ、息子とのSEXは禁忌だっとキチンと認識しているから、求められたら抵抗はしますが、やっぱり快感には勝てなくて・・・ってシチュエーションが素晴らしい。

最後には全てを受け入れて、泰臣の奴隷になる二人・・・でエンド。

全334ページ。

アマゾン

美母と義姉と侵姦犯 (フランス書院文庫)

スポンサーサイト
[PR]

  1. 2014/02/28(金) 18:19:46|
  2. 但馬庸太
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#define 3つの催眠 | ホーム | 藤隆生 麗獣 【独占】二人の母と姉>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toumei885.blog.fc2.com/tb.php/122-4b93f407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。