FC2ブログ

官能小説感想文

このブログは官能小説の感想を書くBLOGです。 一応18歳未満の方は見るのをご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

綺羅 光 白と黒の聖奴【人妻・美影】 

綺羅 光 先生です。

最新作、全548ページです、大作ですね。

内容は・・・長いので少し割愛しますが。

簡単な内容は 白木あずみ(35歳)・・・教養のあるTV番組出演する女・・・自分自身もかなりの教養がある。

TVに出るときはサラシを巻き、メガネをかけ、地味で体型が目立たない服装をしている。

しかし、もう一つの姿は美影・・・巨乳で、すごいクビレ、長身、腰の位置も抜群に高い・・・夜の繁華街に出かけると男どもに見られ、話かけられる。

美影は結婚しており、肉体目当てでない、学者の夫と結婚した。

美影はたまに、その肉体を曝け出したくなり、きわどい格好で街を出歩く癖があった。

しかし、それだけで満足していた。

たまにスリルを味わう、それだけでよかった・・・しかし、かつて大学時代自分を調教した人物に再び出会う。

そのときは白木あずみとして振舞っていたが、服を破られ、その巨乳とクビレ、その尻を見られ、正体を見破られる。

その時から14年ぶりに、快感調教が始まった。

過去に調教を受けた身体は心は裏腹に、敏感に反応し・・・快感に堕ちていく。

14年前とは違う・・・そう決意し、調教を受けるが、・・・縛られ、バイブで責められ、立ちバックで犯されるとどんどん快感を受け入えれてしまう。

さらに、複数で輪姦、イマラチオ、乳首にう洗濯挟み、2穴責め・・・痛いはずなのに、気持ちいい。

どんどん蕩けていく肉体・・・それに魅了されていく男たち。

やっと眠れると思っても淫夢にうなされる・・・頭の中は言葉責めと責められた陵辱のことで頭はいっぱい。

マゾじゃない・・・そう思うが肉体は連続絶頂してしまい・・・。

さらにAVまがいの動画に出演・・・いやらしさと気品と知性が混沌したその演技に出演者、周りは興奮する。

彼女を巡り、たくさんの男たちが蹴落とし、蹴落とされ、彼女を犯す。

美しい淫らな彼女は様々な男に様々なプレイで犯され、美しく堕ちていく。

・・・そんな感じです。

ヒロイン一人で、500ページ超えはさすが・・・しかし、シナリオの上にエロがある・・・そんな方向は変わらず。

きちんとシナリオがある作品が好きな方は好きでしょうね。

点数は70点


うまいんですが、突き抜けたエロスがない。彼女自体すぐにイクし、快感にすぐに堕ちるし・・・穿った見方すれば、ただこれ、相手が違うだけで同じ事やってるんじゃ・・・そう思えます。

後、改めて思ったんですが、自分は陵辱より調教に重点をおいた作品が好きなんだと思いました。









アマゾン

白と黒の聖奴【人妻・美影】 (フランス書院文庫)

スポンサーサイト
[PR]

  1. 2013/12/16(月) 21:32:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東根叡二 性裁(おしおき): 未亡人と令嬢・20日間拷問 | ホーム | 高岡智空 晒された痴漢捜査 牝偵W調教 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toumei885.blog.fc2.com/tb.php/43-1c2b18d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。