FC2ブログ

官能小説感想文

このブログは官能小説の感想を書くBLOGです。 一応18歳未満の方は見るのをご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

草凪 優 最終面接

第7回は草凪 優 先生です。
先生はかなりハイペースで作品を作ってくれており、著作の量はかなり多い!!
持ってるのは6作品ですがもっと出てます。
さて、作風は主に純愛が多い・・・というか、ほとんど純愛で、僕が知ってる中で唯一の調教、陵辱モノは一つしかありません。
まぁ、それは例外として・・・基本的に主人公は消極的で過去にある失敗やトラウマを抱えていて、sexと愛と人間関係で克服し再び立ち上がっていくような物語が多いかな?
読みやすい文章でヘタに奇をてらった書き方もせず、王道です。
官能小説は少し変わった文体や書き方が多いのでここまで普通に書かれると逆に新鮮です(笑)
もっとも書き方は普通で、言葉や言い回し、展開がうまいので誰にもでオススメできる作家さんですね。
確か、「この文庫がすごい!官能小説大賞受賞」も受賞してます。
そんな賞をとるのも納得の安定した純愛ものです。
もっとも、ただの純愛ではなく、目的のヒロインにたどり着くためや、自信を取り戻すために何人かの女性と寝たりもします。
でも、他のサブヒロイン達も主人公が本当のヒロインがいてるのも納得の上でのsexなので主人公が嫌な奴だとは特に思いません。

さて、そんな草凪 優先生のオススメは・・・「最終面接」!!
初期の「桃色リクルートガール」を改訂したものですが、先生の実力がよくわかる作品です。

読みやすく、わかりやすく、二人のヒロインの魅力もよく伝わり、素晴らしくよく出来ています。

目次

第1章 セクハラ面接官
第2章 白いパンティの秘密
第3章 赤い下着のお嬢さま
第4章 人妻の柔肌
第5章 後ろからお仕置き
第6章 お漏らししてもいいですか
エピローグ

全328ページ



ヒロインは二人。
香純(22歳)、純粋で黒目が大きい。童顔、小柄。素直さと意外に強情なのが萌え!!!
綾乃(22歳)、役員令嬢で無理やり主人公のいるフィールドサポート課のアシスタントに割り込んできます。
性格は大胆不敵、強引、強気。しかし実力は本物で努力家、無邪気な一面もあり。
身体は長身で、Fカップで背中まである長い髪、腰の位置も非常に高く、フランスのモデルような感じ。




主人公は有能ですが、女性関係で失敗したシステムエンジニア。
全てが嫌になり、会社に辞表を出すが有能なために引き止められる。
しかし、熱心に仕事をするわけでもなく、暇なので新入社員の面接官を引き受ける。
そこで、ヒロインの香純が面接を受けにくるが・・・しどろもどろで、噛みまくり、肝心なことは黙ってしまったり(理由は物語の最後にわかります)、で面接に落ちてしまいます。
しかし、たまたま出会った主人公に何とか会社に入れてくれるように頼む。
この辺りは主人公の慌てぶりと、過去のトラウマで女が苦手になっていて、近づかれて動揺してしまう姿がうまく書かれてます。
香純に何とか諦めてもらうために、自分はセクハラで会社でも迷惑がられてるクソ野郎だといいます(主人公専用の部屋があるのも、主人公がみんなに煙たがれていると説明)。
しかし、ある理由でなんとしてもこの会社に入りたい香純はセクハラをしてもいいと言い・・・。
この辺りは逆に純粋で、怖がりなのに、気丈に振る舞い、セクハラなんて大したことないと強がる姿がうまく書かれています。
何とかセクハラ試験を乗り越え(主人公のほうが押し切られた)、思いのほか大胆で、見た目のとは逆に意思が強い香純に主人公が翻弄される形
でスタートします。
一般職希望で主人公のようなパソコン関係とか無縁なヒロインが仕事のために、パソコンのことも覚えます!まだIDSNとADSLの違いもわかりませんけど、これで覚えますと初心者用のガイドブックを見せるところ。
他にはパソコンも持っていないところには笑わせてもらいましたが(そこまで聞いて、とりあえずお茶を淹れに給湯室に行かせ、絶望するところやヒロインの初めて命令され明るい声、キビキビとでお茶を淹れに行くところの対比など面白いかったです。

そんなこんなで、二人の職場や微妙な関係がスタートするのですが、
スーパーエリートで役員令嬢にして、スーパーボディの持ち主、綾乃の登場。
このヒロインの登場で、話は複雑に動き出します。
大胆でハキハキした物言い、香純の場所である主人公のアシスタントの位置を奪おうと行動していきます。
しかも、そのナイスボディで主人公を誘惑したりと、やりたい放題です。
しかし、その誘惑も綾乃本人は隠していますが、チラチラ羞恥心が見え隠れしており、その羞恥心と緊張感が主人公をますます翻弄させます。

この二人のどちらかが主人公のアシスタントになるのですが・・・。

こんな感じでストーリーが進んでいきます。
300ページ越えで、3人の関係、そして主人公をサポートしてくれる第三者の存在などなどが展開されていきます。


このblogでは珍しくラブコメ小説を紹介。
肝心のsex描写もかなりのページ数をとっており、そこらへんの描写もそこらのフランスやマドンナの作家陣より遥かにうまい!!そういう意味でもオススメです。




ひたむき
純愛
三角関係
ラブコメ


こんな単語に反応する方オススメです!!!

アマゾン

最終面接 (悦の森文庫)
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
  1. 2012/11/04(日) 17:11:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏月燐 狂愛の絆_若妻とストーカー | ホーム | 風吹望 密猟高層マンション 人妻奴隷>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toumei885.blog.fc2.com/tb.php/8-73876a8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。